子連れで行く海外旅行のおすすめ in ヨーロッパ

海外旅行で一人旅や友達との旅行先として人気のあるヨーロッパ

子連れだと、治安面や食事面を考えて行きにくいのでは??と思っていませんか??

実はヨーロッパは世界の中でも最も子育てに積極的なエリアとして有名です!!

特に北欧エリアはベビー・子供に対する配慮やおもてなしが細かい部分まで行き届いているので、子連れでの旅行も快適です♪♪

子連れでの旅行のメインは何といっても大好きな子供との思い出作りです♪

子供の視点から、一緒に楽しめることを考えて旅をプランニングしていきましょう(*^_^*)

ヨーロッパは陸繋がりでありながら、言語・文化・食事 etc…が異なっていて、ただ、その場所にいるだけで刺激になります!!

この記事では子連れにおススメの国・都市と観光スポットを紹介していきます♪

せっかく行くからには、子連れでも120%楽しみましょう♪

現地での思い出は何にも変えられない貴重な思い出になることでしょう♪♪

充実した子連れ旅行計画の参考になれば幸いです!(^^)!

子連れで行く海外旅行のおすすめ in ヨーロッパ

子連れヨーロッパの年齢別ワンポイントアドバイス

0~2 歳 ・ゆったり無理のないスケジュールで過ごしましょう!
・あまり無理な遠出はせずに、赤ちゃんの体調第一に考えながら
プランニングしましょう!!
・離乳食のことも考えて・・!
3~4歳  どんなことも+の刺激になる年齢?大人になってもこの頃から
は印象に強い思い出は覚えています!
・沢山のものを見て、感じて、体験する思い出作りを心がけましょ
う(#^^#)
5~6歳 子供OKのアクティビティの幅がかなり広がります?
どんなことにも活発にチャレンジさせてみましょう!!

子連れでも安心できるおススメの国/都市 in ヨーロッパ TOP3

NO.1 フィンランド/Finland

<おススメのワケ>
①日本から行けるヨーロッパで一番近い&アクセスが良い!直行便で成田から約10時間
②国を挙げての子育てサポート体制が素晴らしい!旅行者でも恩恵を受けられる
③ベビーカー連れは公共交通費が無料!
④充実した明るくお洒落な雰囲気の授乳室が街中にある
➄電車の車両には荷物棚と並んでベビーカー専用の収容棚がある
⑥完全なバリアフリーでベビーカーも楽々どこでもいける(#^^#)
⑦ムーミンワールドが広がっている?大人も子供もムーミンとの感動を味わえる
⑧レストランやホテルでもとってもベビー/キッズフレンドリーで、子連れ歓迎ムードが素晴らしい♪
⑨物価の高いフィンランドでも、ベビーフードは安い!日本と変わらない料金設定
⑩街中の公共トイレにはおむつ交換台まである!!

子連れおススメ観光名所 inヘルシンキ


photo: Ninara

ムーミンのふるさとであるヘルシンキ

治安がとても良く、美しい自然や歴史のある穏やかな町並みが魅力です

一方で最新トレンドを発信し続けるフィンランドの首都ヘルシンキ

観光だけでなく、子育てにとても積極的なフィンランドならではの魅力を存分に味わってください~(*^▽^*)

*ムーミンワールド/MoominWorld

ホームページ:http://www.visitfishermanswharf.com/
所要時間:半日~丸一日

フィンランド一有名な童話といえばムーミンではないでしょうか。

日本でも大人気の子のムーミンをテーマにしたテーマパークが、フィンランドの南西にあるナーンタリという町にある「ムーミンワールド」です。

ムーミンの世界観を忠実に再現しており、一日中いても飽きませんよ~♪

ムーミンに登場するキャラクターが登場するキャラクターグリーティングや、ムーミンの住むムーミン屋敷などが見事に再現されています。

フィンランドの雄大な自然の中に作られたムーミンの世界は原作の世界そのもの!

また、ムーミンワールド内には突然ムーミンやフローレン、スニフなどのキャラクターが出現します。

どのキャラクターも子供たちに大人気で、みんな楽しそうに近寄っていく姿に心が温まります。

ちなみに日本でも人気のミイとスナフキンはどなたかが演じています。

フィンランドのゆったりした時間の中でかわいらしいムーミンの世界も楽しめる、貴重なムーミンワールドにぜひ足を運んでみてくださいね

住所 Kailo, 21100 Naantali
電話 358 2 511 1111
開館時間 10:00~21:00
料金 17 ユーロ
*アカデミア書店/Akateeminen Kirjakauppa


Jean-Pierre Dalbera from Paris, France [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

ホームページ:https://www.akateeminen.com//
所要時間:2時間~半日

フィンランド最大の本屋さん、アカデミア書店??フィンランドを代表する世界的にとても有名な建築家・デザイナーのアルヴァ・アアルトさんがデザインされた真ん中がスポッと吹き抜けになった、気持ちのいい空間は長時間本屋さんにいてもゆっくり寛げる空間です(*^▽^*)

2階にはおしゃれなカフェもあり、日本語メニューが用意されています

書店内にはわぁ~!!となる位たくさんの本があり、椅子に座りながらゆっくり見ることができるのでいくら時間があっても飽きません。

特にインテリアなどの本は見た目もオシャレなので、本だけを部屋に飾っておくだけでも十分芸術作品だと思います(*^_^*)。

地下一階には文房具コーナーがあり、かわいらしい文房具や絵本がずら~っと並んでいます♪

子供たちも可愛いイラストとカラフルな文房具や絵本にきっと笑顔になれるはず・・・?

お土産になりそうな掘り出し物が見つかるかもしれませんね~!!

住所 Pohjoisesplanadi 39, 00101 Helsinki
電話 358 2 511 1111
開館時間 [月?金] 9?21 時、[土] 9?19 時、[日] 11?18 時
料金 無料
 *カフェ・アアルト(Cafe Aalto)

http://cafeaalto.fi/ja/

住所 ブックストア2階
電話  09 121 4446
開館時間  [月~金] 9~21 時、[土] 9~19 時、[日] 11~18 時
料金  無料

In タンペレ/Tampere

フィンランド第 2 の都市タンペレ。ヘルシンキからの日帰り小旅行先としても人気が高く、内陸に発展する街としては、北欧最大です!

ヘルシンキからは160キロほど北に位置しており、長距離列車なら最速1時間30分で到着するので、気軽に行けます(*^_^*)

タンペレは昔から豊かな湖水資源を利用した紡績や機械産業が盛んで、水力発電も行われている川辺に建ち並ぶレンガ造りの工場群は、タンペレならではの風景を生み出しています。

2017年にリニューアルオープンを果たしたムーミン美術館を始め、工場跡地を利用したアミューズメント施設や街を見渡せる展望スポットなど、家族で楽しめるスポットが点在しています(#^^#)

*ムーミン美術館

ホームページ:https://muumimuseo.fi/ja/
所要時間:半日~丸一日

フィンランド第二の都市タンペレにある、ムーミンの原作者トーベ・ヤンソンの作品を集めたミュージアムです

中はムーミンのお話の世界が満載♪

ムーミンの深いストーリーにきっとムーミンのことがもっと好きになるハズです(#^^#)

また、世界のムーミンの本を集めた図書スペースもあって,ムーミンの本を読むことができます。

ミュージアムショップは,ここ限定のグッズが売られているので、是非限定グッズはゲットしましょう!

また、時間があれば、是非自分あてにムーミンポストカードをミュージアムショップから投函してみましょう♪

ムーミン美術館だけのプレミアムな消印つきで、日本にポストカードが届きますよ~(*^_^*)

また、隣接しているタンペレホール内にあるレストラン・トゥフトではおしゃれな北欧インテリアの空間でオーガニックの食材を使ったお料理を楽しめます♪

ムーミンメニューもあるので、是非ご賞味ください♪

住所 Kailo, 21100 Naantali
電話 358 2 511 1111
開館時間 10:00~21:00
料金 7 ユーロ
??レストラン「TUHTO」
住所 Tampere-talo, Yliopistonkatu 55, 33100 Tampere
電話 050-3319-315
開館時間 月: 10:45 – 14:00
火~金 10:45 – 22:00
土: 12:00 – 22:00
日:12:00-18:00
*サルカンエミ・アミューズメントパーク/Sarkanniemi amusement park


photo:Aapo Haapanen

ホームページ:https://visittampere.fi/ja/artikkelit/サルカンニエミ・アミューズメント・パーク/
所要時間:半日~丸一日/丸二日 (半日では全部回るのは厳しいです((+_+)))

郊外の湖に突き出た半島部分に 1975年に開拓された巨大遊園地、サルカンニエミ・アドベンチャーパーク

その規模は国内第2位、人気は常に国内トップクラスで、週末には市街からも多くの客がやってきます。

パーク内には、30以上の乗り物がある遊園地のほか、牧場、水族館、プラネタリウム、展望台、などなど、見どころがとにかく多くて半日では到底足りません!!(見るものを絞っていくなら話は別ですが・・・)

展望台の眺めは最高で、タンペレンの街中の景色をじっくり眺めることができる他、遊園地の乗り物は小さい子供から乗れるものもあるので、子供たちもテンション上がります♪(乗り物だけで半日は過ぎると思っていたほうが無難です!)

子連れだったら、水族館やプラネタリウム、牧場も是非合わせて訪れたいですね(*^_^*)

2012年にはフィンランド生まれの世界的ゲームキャラクター「アングリーバード」のテーマパークが誕生しました!!

フィンランド人の子どもたちにとってアングリーバード人気は依然根強いのです。

子連れで行くと盛り上がること間違いなしです( *´艸`)

また、小さいお子様連れへのおススメはマウリ・クンナスの絵本「わんわん丘」を再現した遊び場です

昔の農家、動物たち、野外劇場、カフェ、ショップなどがあり、家族連れでにぎわっています(*^▽^*)

マウリの「わんわん丘」シリーズは、フィンランドの歴史を楽しく紹介する絵本として、フィンランドでとても人気があります?わんわん丘の住人は、もちろん「わんわん」ばかり(#^^#)

ワンちゃん好きにはたまらないこのエリア

絵本の主人公たちがあちこちにいるので、どこを見ても笑顔になれます(*^_^*)

家族連れにとても人気が高いこちらの遊園地? 思い出も沢山、写真も沢山撮れそうです

住所 Laiturikatu 1,33230 Tampere FINLAND
電話 +358 207 130 200
開館時間 11:00~20:30
アクセス 市バス 3,100 番「Sarkanniemi」下車すぐ
料金  入場自体は無料、アトラクションのシングルチケットは 8~12ユーロ、終日乗り放題チ
ケットは23ユーロ~(季節により異なる)
NO.2 デンマーク/Denmark

<おススメのワケ>
①世界で最も幸せな国といわれており、幸福度に関する報告書では常に TOP!(ちなみに日本は 51位)
②「hygge(フーガ)」の文化があり、みんなで時間を共にし、ゆったりとした一日一日を大切にお互いを尊重しあえる環境がある
③国を挙げての子育てサポート体制が素晴らしい!旅行者でも恩恵を受けられる
④ベビーカーでも楽々移動ができるように、バリアフリー環境が整っている
➄充実した明るくお洒落な雰囲気の授乳室が街中にある
⑥電車の車両には荷物棚と並んでベビーカー専用の収容棚がある
⑦子連れで使える施設が充実している
⑧レゴワールドが広がっている?
⑨レストランやホテルでもとってもベビー/キッズフレンドリーで、チャイルドシートが必ずおいてある

⑩街中の公共トイレにはおむつ交換台まである!!

子連れおススメ観光名所 inコペンハーゲン

北欧最大の都市コペンハーゲン?治安がとても良く、ヨーロッパの中でも人気の観光都市として多くの人が訪れています。

建築、芸術、音楽といった文化において、デンマークの中心的存在なだけあり、見所どころは沢山あります

夏には花々が咲き乱れ、レトロでカラフルなかわいらしい街並みはまるで北欧のおしゃれパリのようです!

おしゃれなお店でかわいい雑貨を見て、まるで絵本のような街並みを散歩していると、観光しているだけでもなんだか幸せだなぁ~~と感じられそうですね(*^_^*)

*チボリ公園/Tivoli Gardens

ホームページ:https://www.tivoli.dk/en/

所要時間:丸一日

コペンハーゲン中央駅の目の前にあるチボリ公園♪

1843年に開園した世界で最も古い遊園地で今もなお、世界中の沢山の人々からずっと愛されています。

階級差別なく、誰でも楽しめる場所を・・・という想いのもとこの公園は、デンマーク王クリスチャンによって作られました(*^^*)

何と、あの有名なディズニーランドのモデルともいわれており、ウォルトディズニーがディズニーランドを作るときに何度もチボリ公園に足を運び、今のディズニーランドを作ったそうです!!

また、チボリ公園は 30種類以上のアトラクションがある大きな遊園地でありながら、花や木々、噴水などが多く美しい景観を眺められるので、老若男女問わずだれでも 1日中楽しめる遊園地です(*^▽^*)

住所 Vesterbrogade 3, 1630 Kobenhavn,
電話 45 33151001
開館時間  金~土:11.00~24.00
日~木:11:00~23:00
【夏季】2016 年 4 月 6 日~9月25日
【ハロウィン】2016 年 10 月 14 日~11 月 6 日
【クリスマス】2016 年 11 月 19日~12月31日
料金 8歳以上 130 DKK
3?7 歳:50DKK
3 歳未満:無料
*Den Blaa Planet 水族館/ The Blue Planet


photo:Abi Skipp

ホームページ:http://denblaaplanet.dk/

所要時間:2時間~半日

北欧一大きな水族館として有名な「THE BLUE PLANET」です。

住んでいるのは 450 種 2,000 匹の海の生物たち。

館内の水槽 53カ所に計 700万リットルの水が使われています。

さらにこの水族館は、デンマークの3XNによる近未来的な建築でも有名です。

銀色の渦巻き型の建物は、海に浮かぶクジラに見えたり、大きなヒトデのようにも見えたり・・

館内は 3 つのゾーンに分かれていて、中央ホールから好きな順番で回ることができます。

まず第1ゾーン「デンマーク近海」エリア子供たちに大人気のエリアです(#^^#)

入ってすぐの場所にカニやヒトデなどに触れる体験コーナーがあり、海の生き物に直接触れるので、子どもも大はしゃぎ( *´艸`)

第 2ゾーンは「熱帯」エリア♪

デンマークにはない湿気とジャングルが異空間を作り出しています。

生き物も大型で力強く、大人でもついつい興奮してしまいますよ~(*^_^*)

そして 3 つ目は「大洋」ゾーン

サメやエイなどの大型魚や映画でも人気の熱帯魚など、様々な種類の生き物をすぐ近くで見ることができます

また、館内では様々なイベントも♪

水槽にいる海の生き物たちの餌付けショーや水族館の目玉のラッコショーなどのイベントが短時間ながらもたっぷりお楽しみ頂けます(*^_^*)

海の生き物たちの愛らしい姿に心をつかまれますよ~

内部が充実しているこの水族館ですが、実は外にも面白い仕掛けが・・!

頭を使う面白い遊具が用意されているので、水族館見学ついでに是非立ち寄りましょう(*^▽^*)

住所 Jacob Fortlingsvej 1, 2770 Kastrup
電話  +45 44 22 22 44
開館時間  月10:00-21:00
火‐土10:00-18:00
コペンハーゲン中央駅と空港から、無料シャトルバスも運行しています。
料金 大人169dkk
子供(3~11才)95dkk
※コペンハーゲンカード提示で無料

 Inビルン/billund


photo:MPD01605

デンマーク南部に位置する街、ビルン。

世界的な玩具であるレゴ発祥の地で、現在もレゴ本社とレゴランド・ビルンがある場所としても知られています。

郊外にあるレゴ工場では、現在も世界中に出荷されるレゴの多くが生産されています。

*レゴランド・ビルン・リゾート

ホームページ:https://www.legoland.dk/en/
所要時間:半日~丸一日

世界中のこどもから大人まで幅広いファンを持つレゴブロック(*^▽^*)

リゾートはユトランド半島の中部の町、ビルンにあり、レゴの本社もここにオフィスを構えています。

1968年にビルンの郊外にオープンしたレゴランドは、遊び心いっぱいのテーマパークになっており、一日では物足りないくらい沢山のアトラクションがあります!

オープン当初は、3 万 8,000 ㎡だった敷地も、現在では約3倍の10万㎡に拡大し、その大きさは東京ドーム4個分\(◎o◎)/!

国内外から年間1400万人を超える観光客が訪れるデンマーク旅行で外せない人気のテーマパークです♪

ほとんど全ての設備がおなじみのレゴブロックになっているという遊び心いっぱいのリゾート内には、実際の街並をモデルにしたブロック製のジオラマや乗り物やショーなどを楽しめるアトラクションなども充実しています(*^^*)

隣接するホテル・レゴランドは、直営のホテルで、ホテル全体宿泊者専用の通路が設けられており、レゴランドをめいっぱい満喫することができます♪

住所  Kailo, 21100 Naantali
電話 358 2 511 1111
開館時間 10:00~21:00
料金 7 ユーロ
 *レゴハウス/LEGO House

ホームページ:https://www.legoland.dk/en/
所要時間:半日~丸一日

レゴランド近くに作られた新施設「レゴハウス」。

レゴランドは遊園地なので屋外、レゴハウスは体験型ミュージアムなので室内施設になります♪

雨の日でもレゴワールドを心ゆくまで楽しめます(*^▽^*)

レゴブロックの外観もユニークでお洒落?中はレゴブロックを遊び尽くせる、屋内型レジャースポットになっており、子供から大人まで時間を忘れて楽しめます

もちろんレゴショップも併設されていて、ワークショップなどやイベントも行われているので、ラッキーだったら是非参加してみてください

せっかくなのでレゴランドとセットで観光して、レゴの世界に入り浸りましょう♪

住所 Ole Kirks Vej 1, 7190 Billund
電話 358 2 511 1111
開館時間 10:00~21:00
料金  7 ユーロ
 *テディベア・アート・ミュージアム/Teddy Bear Art Museum

ホームページ:http://www.teddybearartmuseum.dk/
所要時間:1~2 時間

世界で愛されているテディベア?ここ、ビルンにもレゴほどの認知度はないですがテディベアがたっくさん展示されているミュージアムがあります

テディベア誕生したての頃のデザインから、テディベアの歴史、作り方etc…

テディベアの全てが詰まったミュージアムはテディベア好きにはたまりません(*^_^*)

子連れでも、テディベアは万国共通の子供ウケが良いぬいぐるみなので、きっと沢山の珍しい&かわいいぬいぐるみたちに囲まれ、終始ご機嫌でいてくれるハズ・・・♪

また、ミュージアムの中にはおしゃれなカフェレストランが併設されており、数あるメニューの中でもテディベアプレートは一押しです!!

明るくとっても開放感のある店内でまったりしましょう~(*^▽^*)

テディベアに沢山癒されて、次の目的地に出発~~!!

住所 Hans Jensensvej 3, Billund 7190, Denmark
電話 +45 75 33 18 45
開館時間 月~水・金 10:00~17:00
木 10:00~20:00
土・日 10:00~16:00
料金  Adult DKK 100
Child DKK 80
under 無料
Family ticket DKK 300
NO.3 ドイツ

<おススメのワケ>
①日本から行けるヨーロッパで一番近い&アクセスが良い!直行便で成田から約10時間
②子供連れ NG のホテルは無い上、6歳未満の子供は無料で宿泊できるのでお財布に優しい
③6歳までの子供は公共交通費が無料!15歳未満も親と同伴の場合は無料!!
④充実した明るくお洒落な雰囲気の授乳室が街中にある
➄このレストランも子供メニューを用意しているので子連れでの食事に困らない
⑥ドイツ人は人当たりがよく、子供にとても優しい
⑦ソーセージは老若男女問わずとっても美味しいので、食事に困らない
⑧レストランやホテルでもとってもベビー/キッズフレンドリーで、子連れ歓迎ムードが素晴らしい♪
⑨ベビーフードは全てオーガニックな上、安い!1つ1ユーロ前後なので、毎食ベビーフードでも負担にならず安心して食べさせられる

子連れおススメ観光名所 inミュンヘン/Munich

ドイツ南部・バイエルン州の州都「ミュンヘン」

ドイツでは三番目に大きい都市にも関わらず、現地で暮らす人々はとても温厚で気さくな雰囲気です

羽田空港からの直行便もあり、アクセスも抜群の観光都市です!

850年以上もの歴史を持つ観光地が点在するほか、グルメやイベントなど見どころが沢山で、優先順位をつけてメリハリのある素敵な旅にしましょう

治安がとても良く、美しい自然や歴史のある穏やかな町並みがミュンヘンの魅力の一つです

秋には大規模なオクトーバーフェスト、冬にはあの有名なクリスマスマーケットでとても盛り上がりを見せるミュンヘン?ミュンヘンの魅力をお楽しみください(*^▽^*)

*ミュンヘン・ヘラブルン動物園/HellaBrunnZoo


Silverije [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

ホームページ:https://www.hellabrunn.de/en/
所要時間:半日~丸一日

1911年にオープンし、100年以上の歴史があるミュンヘン最大の動物園で知られている「ミュンヘン・ヘラブルン動物園」

動物園の入り口から緑が生い茂っていて、まるで森の中の動物園のような雰囲気さえ感じられます(*^^*)

緑の中を散歩しながら、あちこちにいる沢山の種類の動物を見るのに、半日では足りません(*^_^*)

また、広い動物園内には、動物だけでなく、子供たちに大人気のアスレチックがあり、きっと、このアスレチックが子供の足を止めてしまうことは言うまでもありません(*^▽^*)

他にも、ビアガーデンやレストランもあり、丸一日いてもずっと飽きず楽しめるハズ!!!

子連れにとてもおススメのスポットです(#^^#)

住所 Tierparkstr. 30, 81543 Munich, Bavaria, Germany
電話  +49 89 625080
開館時間 9:00 – 17:00
料金 大人・・・15 ユーロ
子供(4~14 歳)・・・6 ユーロ
*テルメ・エルディング/Therme Erding


Studi85 [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

ホームページ:https://www.therme-erding.de/en/
所要時間:半日~丸一日

ミュンヘン市内から電車で約50分の距離にある巨大温水プール&日帰り温泉施設「テルメ・エルディング」

施設の大きさはヨーロッパ最大級ということで、とても大きな天然温泉の温水プール&温泉施設になっています\(◎o◎)/!

広大な室内の中に大小、深さ様々な温水プールがあり、スライダーも様々なタイプのものがあります

半日では物足りないと思います!!

プールで心ゆくまで遊んだら、水着のままでホットドッグでも食べましょう!!

泳いだあとのホットドッグは格別に美味しいはずですよ~!小さい子供から大人まで、存分に楽しみましょう♪

住所 Thermenallee 1-5, 85435 Erding
電話  081 22 550 0
開館時間 月~金 10:00 ? 23:00
土・日 09:00 ?23:00
※祝日などで前後あり。詳しくは公式HPをチェックしてください
料金  2 時間 16€~
4 時間 22€~
1日30€~
※館内エリアによって追加料金あり。3歳までの子どもは無料。
 *オリンピア公園/olympiapark


Tiia Monto [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

ホームページ:https://www.olympiapark.de/en/olympiapark-munich/
所要時間:3時間~半日

オリンピア公園は、1972年に開催されたミュンヘンオリンピックの会場として建設され、ミュンヘンの中心部からほんの少し離れたところにある緑のオアシスです♪

広大な敷地内にオリンピックスタジアムや、オリンピックプールなどがあり、新緑の芝の美しい公園はお散歩するだけでも気持ちがいいですよ♪

お散歩はもちろん、リラックスしたり、スポーツを楽しむには最高の場所です(#^^#)

また、公園内には子供たちが喜びそうなトランポリンや遊具もあります♪

日本ではトランポリンで遊ぶのにもお金がかかるので・・存分にドイツのトランポリンではしゃいでもらいましょう(*^▽^*)

公園にあるオリンピックタワーから見えるミュンヘン市街街並みの景色は絶景なので、足を運んでみてください~♪

住所 Spiridon-Louis-Ring 21, 80809 Munchen, Germany
電話 081 22 550 0
開館時間 1/1~2/24 11:00 am – 4:00 pm
2/25~3/31 09.00 am – 4.00 pm
4/1~5/5 09.00 am – 6.00 pm
5/6~9/8m 09.00 am – 8.00p
9/9~10/2709.00am – 6.00 pm
10/28~12/1 09.00 am – 4.00pm
12/2~12/3009.00am – 4.00pm
12/24、12/31closed
※祝日などで前後あり。詳しくは公式HPをチェックしてください
料金 大人: 3.50 ユーロ
子供(16 際未満: 2.50 ユーロ
団体 (20 人以上) :一人 2.50ユーロ
家族※: 8.50 ユーロ
6 歳未満: 無料

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事で紹介した参考情報はほんの一部に過ぎません。

ヨーロッパは広く、行く場所によって言語も文化も食事も異なり、大人にとっても子供にとっても刺激たっぷりの滞在になります(*^▽^*)

ただ、やはり長時間のフライトに時差に・・少し心配になるところもあるかと思います。

ただ、一つ言えるのは、子供は観光適応能力がすごいので、きっとすぐに慣れてくれると信じて、家族で思いっきりヨーロッパを満喫しましょう~

日本では見られない素敵な景色やアトラクションに感動し、見た目も味も美味しいお料理に感動し、家族でかけがえのない貴重な思い出を沢山心にしまいこみましょう!!

子供を連れての海外、思い出はいつまでもプライスレスでずっと心に残ります・・(*^^*)

家族でヨーロッパでの素敵な思い出を沢山心に詰めて、心から行けてよかったね~~

とみんなで口をそろえて言える素晴らしい滞在になりますように・・・(#^^#)

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(*^_^*)

Cafeholicでした!

最新情報をチェックしよう!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.