【コスタリカ/旅行】地球幸福度1位コスタリカのエコツーリズムの特徴


Arturo Sotillo from La Canada, CA, USA / CC BY-SA

 

北米大陸と南米大陸の中間に位置する「コスタリカ」✨

 

豊かな自然と平和を愛し、地球幸福度数1位を3回獲得している、幸せな国・・・✨✨

 

経済的には、決して豊かとはいえない国・コスタリカですが、そこには政府主導の環境政策と平和を愛する国民性、豊かな自然と共存できる幸せに満ちた人々の暮らしがあります(*^-^*)

 

太平洋とカリブ海に挟まれた、世界の0.03%(おおよそ、日本の四国と九州を合わせた大きさ)の小さな国ですが、その国土の1/4が国立公園・自然保護区で構成されていて全動植物種の5%が生息し、鳥蝶類・ランなどに至っては、なんと10%が自生しているそうです。

 

自然は熱帯雨林のジャングルから熱帯雲霧林、熱帯乾燥林、活火山、カリブ海、太平洋と凝縮され、劇的に変化する植生が楽しめます。そんな豊な大自然を満喫しようと、自然を利用したエコツーリズムが世界中の人々から人気を集めています✨✨

 

今回はそんな自然の恩恵が沢山詰まった、大自然王国「コスタリカ」でのエコツーリズムの特徴とおススメスポットを紹介していきます♬お役に立てれば幸いです♪

 

 

what is エコツーリズム?

自然や文化などの地域資源を活かしながら、持続的にそれらを利用することを目的とした観光のあり方です。

 

大きく「環境保全」「観光振興」「地域振興」です。

 

それぞれのポイントを押さえることで、エコツーリズムの概要を理解することができます✨

 

「環境保全」・・・自然環境を保全するような観光のかたちを目指すこと>積極的に自然環境を保護を促進するエコツアー

 

「観光振興」・・・環境保全のための観光ではなく、観光として魅力的であるよう目指すこと>これまで観光資源と捉えられていなかった自然環境を観光の焦点にするエコツアー=観光の新たな在り方発見できる!

 

「地域振興」・・・地域経済の活性化や地域交流の促進など、ツアーによる良い影響を与えられるよう目指すこと>地域に新たな雇用の場を生み出すことができる

 

 

コスタリカエコツーリズムの特徴

・国土の25%(1/4)が自然保護区となっており、厳重にその自然が守られ整備されている

 

・国立公園に入場する際はお金が徴収され、この徴収したお金で自然を守るために使うという健全なサイクルが確立されている

 

・エコツーリズムガイドの育成に力を入れている:一定の教育を受けていれば無償でツーリズムに関する講座を受講し資格を得ることができる

 

・エコツーリズムの発祥の地とよばれるモンテベルデを中心に、「持続可能な観光」を展開している

 

 

コスタリカ旅行ベストシーズン

12~4 月の乾季が観光シーズンで、旅行にはおすすめです✨✨

 

世界有数のエコツーリズムが盛んな国へ、観光客のほとんどが自然を求めてやってきます!!

 

 

エコツーリズムで絶対に訪れたいスポット

・モンテベルデ生物保護区/Reserva Biologica Bosque Nuboso Monteverde


Cephas / CC BY-SA

世界の自然愛好家が訪れる場所、モンテベルデ✨

 

標高1,400~1,800メートルに位置するモンテベルデは、カリブ海と太平洋側の湿った空気が吹き抜ける特有の場所にあり、コスタリカの誇る代表的なエコスポットのひとつです!

 

この保護区は、何より世界一美しいと称される幻の鳥「ケツァール(カザリキヌバネドリ)」が生息していることで有名です✨✨なんと、この「ケツァール」は手塚治虫氏の映画「火の鳥」のモデルになった鳥なんですよ~~(^^)その他にも、ヒゲドリやハチドリなど400種類以上の多くの珍しい鳥類が生息するバードウォッチャー憧れの地です✨✨

 


photo:quapan

 

また、「熱帯雲霧林」と呼ばれる世界でも非常に稀な、緯度、標高、湿度の条件が上手く折り合うことで、年中霧が非常に発生しやすい森です。そのため、乾季であってもいつでも多湿で、豊かな緑に覆われています。この保護区への入場は、一度に120名までの人数制限がされています。

 

公園内にはいくつものトレイルコースがありますが、ガイドツアーへの参加がおすすめです✨✨

 

所要3 時間のガイドツアーが 1 日 3 回出ており、それに参加するといいでしょう。朝一番の回に行くと 20人近く待っている人がいましたが、実際は 5~6 人ずつの小グループに分けられ、それぞれにガイドがついて回るので、英語にはなりますが説明を聞きながら、珍しい光景に遭遇できるでしょう(*^-^*)

 

モンテベルデでは、自然散策や野生生物観察の他にも、キャノピー(ジップライン)や吊り橋などのアクティビティも大人気なので、様々なシチュエーションで豊かな自然を満喫してください~!

 

ちなみにケツァールがよく見られるシーズンは 11 月~5 月です。

 

都市 モンテベルデ
住所 Monteverde Cloud Forest Reserve 55-5655, Costa Rica
アクセス

観光の拠点となるのは小さな町サンタ・エレナ。サン・ホセからサンタ・エレナまで
バスで約5時間。サンタ・エレナからモンテベルデ自然保護区までは約6キロ。
この区間はバスが運行しており、所要時間は約25分。

営業時間 06:00~18:00
料金 大人 10USD、 子供(12 歳未満) 1USD

 

 

・トルトゥゲーロ国立公園/Tortuguero National Park


Lars0001 / Public domain

コスタリカでのエコツーリズムといえば、代表格の「トルトゥゲーロ」!

 

川と海に囲まれた移動手段はボートのみの密林秘境ジャングルです✨✨サルや野鳥の鳴き声にジャングル独特の湿気に・・・全てが、日本では経験できない異世界で、まるで映画のジュラシックワールドや、ターザンの世界にいる気分になれますよ~(#^^#)

 

公園内には、水鳥、ワニ、サル、ナマケモノ、トゥカン、ジャガーなど、たくさんの野生動物が生息しています✨

 

そして、このトルトゥゲーロ国立公園、ボートでのジャングル体験はもちろんなのですが、もう一つの醍醐味として、カリブ海側に行くと、野生のウミガメが肉眼で見られます✨✨トルトゥゲーロというのはスペイン語で「カメのいる場所」という意味なのだそう♬ラッキーだと、ウミガメの産卵を目の前で見ることができるので、こんな経験はここでしかできない貴重な経験になりますよ~~(*^▽^*)

 

公園内では、定番のボートツアーの他、ウミガメツアー、バードウォッチング、フィッシング、ウォーキングツアー、ナイトウォークツアーなど多様なアクティビティが準備されています。

 

おすすめシーズンはウミガメの産卵期ピークの7月~9月です。海に戻っていくウミガメの姿を見れば、きっとあなたもいつまでもこの生態系を大切にしたいという気持ちになることでしょう(#^^#)

 

まさにエコツーリズムの進んだコスタリカならではの貴重な経験、是非感動を味わってください♬

 

都市 トルトゥゲーロ
住所 Tortuguero 10430, Costa Rica
アクセス サンホセからカリアリでバスに乗り継いで、そこから船で移動。所要時間は約 60分。
営業時間  06:00~18:00
料金 大人 10USD、 子供(12 歳未満) 1USD

 

 

・ココ島国立公園/Cocos Island National Park

コスタリカ本土の沿岸から約550km離れた沖合いの国立公園として指定されているココ島は熱帯雨林に覆われた島♪野生の生物や埋葬された宝物に囲まれている宝島です♬

 

陸地は断崖絶壁に囲まれていて、その美しい姿は「王冠のジュエル」と称されているのだとか・・・✨

 

陸地の熱帯雨林には沢山の様々な動植物が生息しています。

 

世界で TOP10 に入るダイビングスポットにも選ばれたココ島✨✨映画「ジュラシックパーク」に登場する島のモデルとしても実は有名なのですよ~(*^-^*) また、スティーブンソンの小説「宝島」の舞台としても知られています✨

 

そんなココ島は火山が噴火した約 200 万年前から形成され、他の場所ではほとんど見られない膨大な生物の多様性が特徴です♪

 

絶海の孤島であるココ島は、年間雨量が7000mmにも達するため熱帯雨林に覆われ、雨季になると現れる無数の滝から海へと栄養分豊富なミネラルが注ぎ込まれる。そのため、ココ島周辺には豊富な養分に導かれたたくさんの魚が集まると言われています(*^-^*)

 

その驚くべき生物の多様性は海面下にも続き、ネムリブカ、ハンマーヘッドの群れ、イルカ、マンタ、マーブルレイ、ウツボ、バショウカジキなどは常時見ることができ、マグロの大群やシルキーシャーク、クロトガリザメ、ツマジロ、カジキ、深海魚、アオウミガメ、タコなど、ココ島でのダイビングで出会える生物の多さは世界中のダイバーを魅了しています(*^_^*)

 

さらにラッキーだと、野生のジンベイザメにも遭遇できるかもしれませんよ~( *´艸`)

 

ダイビング好きの方はもちろん、ダイビングの経験がない方もココ島での海の貴重な体験は一生の思い出になることでしょう♪

 

都市 ココ島
住所 Cocos Island, Costa Rica
アクセス サンホセ港からクルーズ船で移動。所要時間は約30~35時間
営業時間  ―
料金  無料

 

 

・グアナカステ保全地域/Area de Conservacion Guanacaste

大自然の宝石箱「グアナカステ保全地域」はグアナカステ国立公園、サンタ・ロサ国立公園、リンコン・デ・ラ・ビエハ火山国立公園、フンキリャル湾国立野生生物保護区、オリソンテス試験森林、サンタ・エレナ地区の 6 つの国立公園・自然保護区からなる自然保全地域です。

 

コスタリカの世界遺産として登録されており、カリブ海側は熱帯湿潤林、太平洋側は唯一残されている中米の乾燥熱帯林といった、それぞれ異なる自然環境が出来上がっていて、それぞれ異なる環境に適した生物がそれぞれの場所で生息しているため、コスタリカの中でも特に多種多様な多くの生き物が生息しています✨

 

その生き物の数は植物 7,000 種、脊椎動物は 900 種以上にも及ぶまさに大自然の宝石箱なのです(*^▽^*)

 

面積は15万ヘクタールあり、香川県ほどの大きさです。エコツーリズムを存分に楽しむためには、大自然の空気を吸いながらのトレッキングがおススメです!!トレッキングの間にはマングローブエメラルドハチドリなど数々の美しい鳥たちや珍しい動物や昆虫など沢山の生き物と出会えます♪

 

「グアナカステ保全地域」の多様な生態系を肌で感じられる貴重な体験になるでしょう♬美しい鳥たちの声や滝の音、川の音など、聴こえてくる音に耳を澄ませて、大自然との繋がりを楽しみましょう(#^^#)

 

都市 プンタレーナス
住所 Sector Santa Rosa Area de Conservation Guanacaste, Costa Rica
アクセス

観光拠点となるのはニカラグア国境に近いリベリア。
サン・ホセからリベリアまで飛行機で約 50 分、バスで約4時間。
*リベリアから各種ツアーが出ています。

営業時間  -
料金  -

 

 

・テノリオ火山国立公園/Tenorio Volcano National Park


photo:Mike Baird

日本では見ることができない貴重な自然が発見できる「テノリオ火山国立公園」♪

 

ジュラシックパークを思わせるかのような、緑が生い茂るジャングルの中に、水色のアクアマリンやブルートパーズの宝石を散りばめたかのような神秘的な色を放つ川があり、 30 メートル級のミルキーブルー色をした美しい滝は絶景スポットして人気です✨✨

 

このミルキーブルーの滝は「リオ・セレステ滝」と呼ばれており、セレステ川から流れたものです。セレステとはスペイン語で“スカイブルー”を意味します。その昔、神さまが空の色を塗った後、その筆をこの川で洗ったため色がスカイブルーになったという神話も残されているのだそうですよ(#^^#)

 

入園は 1 日 1,000 人までという制限を設け、一回に園内に入れる人数は500人と厳密にカウントされています。場合によっては入口ゲートで待たされることもあるので、早めに到着することをオススメします。こういった自然を配慮するための取り組みも素敵ですね(*^-^*)

 

また国立公園内は様々な樹木があり、大きなシダ植物がジュラシックパークのような雰囲気を漂わせています。またナマケモノが大好きな木もあり、機会に恵まれると野生のナマケモノに出会えるかもしれません♡

 

都市 ラフォルトゥナ
住所 Provincia de Alajuela, Guatuso, Costa Rica
アクセス

観光拠点となるのはニカラグア国境に近いリベリア。
サン・ホセからリベリアまで飛行機で約 50 分、バスで約4時間。
*リベリアから各種ツアーが出ています。

営業時間 8:00~16:00(入園最終時間 14:00 まで)
料金 大人 12 ドル、子供 5 ドル

 

 

  

まとめ

いかがでしたか?

 

日本からは遠く離れた、大自然の宝庫であり、環境保護と経済が結びついたエコツーリズム発祥の国「コスタリカ」✨✨

 

そこには、多種多様な動植物が生息していて、言葉では言い表せない感動が待っています(#^^#)

 

国土は四国と九州を合わせた程度の大きさですが、その面積の25%は自然保護地域となっています。国土としては世界のたった0.03%にすぎませんが、世界の生物の5%はこの国に集中しているということが、本当にすごいところです!(*^▽^*)

 

軍隊がなく、平和をこよなく愛する優しい人々が住む、「コスタリカ」♪世界幸福度数が最も高い国に3回選ばれたことのある幸せな国で、のびのびと暮らす沢山の生き物たちの暮らしを身近で見て感じたことや、聴こえて感じたことは、素敵な思い出として深く心に刻まれることでしょう♪

 

どこまでも澄み切ったコパルトブルーの海、ジャングルが生い茂る緑いっぱいの森、そしてそんな豊かな大自然が広がる海と森に住む生き物たち・・・✨そんな大自然の恩恵を、深く感じることのできるエコツーリズムをコスタリカで思う存分満喫してください♬

 

普段、日本では絶対に見られない神秘的な空間の中で、たくさんのパワーをいただきましょう(*^▽^*)

 

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(*^_^*)
Cafeholicでした!

 

旅人TATSU