Peru

世界遺産溢れるペルーの治安|一人旅

世界の中でも特に神秘に溢れていると言われている旅行者を魅了してやまない国“ペルー”✨

南アメリカ大陸に位置するペルーには、世界遺産となる空中都市として知られているマチュピチュやナスカの地上絵、そしてクスコといった有名な観光スポットをたくさん持っています。

また、インカ時代の建物が建つその街並みはとても美しく、ペルーの歴史と神秘的な魅力を感じられます(#^^#)

また、実はペルーは世界でもトップクラスのグルメ大国&ワインの名産地としても知られているのです。

地球上にこんな景色があったのか!という驚きと感動を味わえるペルー♬♪

グループツアーはもちろん、バックパッカーや一人旅でも人気のある国です✨✨

そんなスケールの大きい見どころが多いペルーですが、歴史的な背景から貧富の格差が激しい国でもあり、その貧富の格差ゆえ、残念なことに犯罪が生まれ、治安が良くないのが現実です。

実際にペルーでは 1 日に日本の 300 倍の強盗事件が発生しています・・・。

悲しいですね。 そのため、ペルー旅行をする際には細心の注意を払わなければいけません。

現地での治安が心配…という方も少なくありません。

そこで今回の記事では、一人旅におけるペルーの治安について、観光できるスポットと訪れてはいけないスポット、特に注意したいことなど、ペルーの安全情報をまとめました!

参考になれば幸いです(*^^*)

 

※本文をお読み頂く前に、まずは外務省の海外安全ホームページをご覧ください。
外務省 海外安全ホームページ【ペルー】

 

目次

世界遺産溢れるペルーの治安|一人旅

気になるペルーの治安と安全性について

日本の外務省が発表している国や地域ごとの危険レベルにおける勧告情報というのがあります。

あくまでも勧告なので、自発的に勧告を受け入れ、対処することが前提ですが・・。

勧告レベルには、1 から 4 まであり、レベル 1 は十分注意、2 は不要不急時の渡航中止の勧告、3 は渡航中止勧告、4 は退避勧告になります。

ペルーには、このレベル 1 からレベル 3 までの特に注意が必要なポイントがあります!

ペルーでの危険レベルエリアのレベル 1 のポイントは、主にペルー都市部での金品目当てのスリやひったくりなどの一般的犯罪に注意すべきエリアです。

レベル 2 のポイントは、過去に武装テロ組織などが活動していたが現在は一応鎮圧されているエリア、レベル 3 のポイントは、現在も武装テロ組
織とペルー国軍治安当局との衝突が起こっているエリアです。

 

✖ペルーで近づかない方が良い場所✖

-レベル 1 エリア【十分注意】-

①―スラム街―バリアーダス/barriadas

Caracas, Venezuela, Barriada, Bairro Venezuelano

ペルーのリマ、セントロを流れるリマック川の対岸“バリアーダス”と呼ばれているエリアはペルーの中でも特に治安が悪いので、川の向こうには行かないようにしてください。

※※このエリアにある(勇気があれば)訪れたい観光地※※

・クリストバルの丘/Cerro San Cristóbal

Cerro San Cristóbal
Santiago Stucchi Portocarrero

リマ市を一望できる恰好のビューポイント!!

わずか 5 ソレス(約185 円)で往復してくれるツアーバスも出ており、観光客はもちろん、地元の人々にも人気の場所です。

川の渡しとして旅人を助けていたとされるクリストバル氏を讃える丘で、今でも彼は旅行者の守護聖人とされている縁起の良い場所です(*^-^*)

行く際には、必ずツアーバスや正式なタクシーで行きましょう!

 

②ホルヘ・チャベス国際空港があるカヤオ特別市/callao

Buildings Streets Callao - Free photo on Pixabay

ペルーに着いたらまず足をつくのが、ホルヘ・チャベス国際空港があるカヤオ特別市です。

このエリアは物価も安く、貧困層の人々が集中して住んでいるため、金銭目当ての犯罪が多発しているのが現状です。

空港に着いたら外には出ず速やかに、案内カウンターで正規のタクシーの手配をしてもらって市内に向かいましょう!

 

③―スラム街―サン・ファン・デ・ルリガンチョ/San Juan de Lurigancho

File:Distrito de San Juan de Lurigancho (Lima).png
http://www.munisjl.gob.pe, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

首都リマの中心地から 1 時間ほど離れたところにあるサン・ファン・デ・ルリガンチョという町は、山の斜面にスラム街が広がっており、この国で最も危険な”治安の悪い貧困地区”と言われています。

 

その他、危険とされる地域

④アンデス山脈の麓
⑤フンニ州のハウハ郡
⑥ワンカヨ郡
⑦ワンカベリカ州のアコスタンポ町とニャウインプキオ町
⑧アヤクチョ州の北部

 

-レベル2エリア【不要不急時の渡航中止の勧告】-

①アマソナス州コンドル山脈のエクアドルとの国境地域
②ロレト州プトゥマヨ郡のコロンビアとの国境地帯

-レベル3エリア【不要不急時の渡航中止の勧告】-

①クスコ州の一部ラコンベンション郡
②フンニ州の一部ワンカヨ郡、コンセプシオン郡、サティポ郡
③ワンカベリカ州の一部タヤカハ郡とチュルカンパ郡
④アヤクチョ州の一部ワンタ郡とラマル郡の地域

実際にあったペルーでの被害体験談

日本に比べ、治安が悪いペルー。

特に頻繁に発生しており誰でも被害に遭う事件は、タクシーぼったくり、スリ・置き引き、短時間誘拐です。

下記に詳しく各事例を記載しておくので、参考にしてください。

自分は旅慣れているから大丈夫!という過信が最も危険なので、どんな時でも常に注意を怠らないことが大切です!

 

※※これまで主に夜間に発生していた下記のような凶悪犯罪は、現在では夜間だけでなく、日中や夕暮れ時に発生する事例が多く、日中であっても外出時は十分注意をするように心がけてください※※

・タクシー

<Case1:タクシー料金ぼったくり>

空港からの移動手段として、タクシーを利用したあるアメリカ人旅行者。

そこら中にタクシードライバーがおり、早く目的地に着きたかったので、声をかけてきてくれた感じのよさそうなドライバーに依頼し、リマ市内まで行くことに。

タクシーにメーターがついておらず、不安になりながら目的地に辿りつき、請求されたのは、150ソル(約 4,500 円)。

物価があまりよくわからないまま支払いを済ませたが、空港からリマ市内までは約 35~60 ソルが妥当価格・・

約3倍の料金を請求されたことに後から気づくもすでに時遅しという状況・。

<Case2:Uberタクシーを待っている間に起こった拳銃強盗>

エルサルバドル人旅行者2名がリマ市ミラフローレス区チクラヨ通りにあるホテルの前で,リマ国際空港に移動するため,タクシーに乗車しようとしたところ,拳銃で武装した2人組の強盗に襲われ,現金や旅行鞄等を奪われた。

☝タクシー事情と対応策☝

ペルーには流しのタクシーと呼び出し式のラジオタクシーがあります。

流しのタクシーは更に,

(1)車体が黄色または白一色で塗装されたタクシー

(2)ヘッドライトとブレーキランプを繋ぐように,車の側面に白と黒,または黄色と黒のチェッカー模様をつけたタクシー

(3)一般自家用車にタクシー標識をつけただけのタクシー

に分けられます。

流しのタクシーが安全かどうかを判断する明確な基準は残念ながらありません。

ラジオタクシーの料金は,各社独自の区間料金表によって決められています。

車両にはタクシーメーターがついていませんので,電話でタクシーを呼び出す際には,行き先を告げるとともに,料金を確認して下さい。

また,女性客を対象とした女性の運転手がいる業者もありますので,女性の運転手を指定したい場合は,電話でその旨を伝えてください。

流しのタクシーは,1986 年に登録制になり,タクシーメーターの取り付けが義務づけられましたが,実施には至らなかったため,乗車前に行き先を告げて,料金交渉を行う必要があります。

最低区間料金は 5~10 ソル程度ですが,距離や運転手によって異なり,言葉や地理に不案内と見ると,高い料金を請求してくる場合もあります。

対応策 在ペルー日本国大使館ホームページ参照

・リマ国際空港からタクシーで移動する場合,税関検査場(X 線検査)を抜けてすぐのタクシーカウンターのタクシー等を利用し,ホテル等から空港に向かう際は,ホテルの契約タクシーや無線タクシー等,信用の高いタクシーを利用する。

・タクシーを待つ際は,歩道等ではなく建物の中で待つ。

・車の乗降時,周りに怪しい人物がいないか気を配り,移動中も時折周囲に視線を向けるなど,警戒心を顕示する。

 

・スリ・置き引き

<Case1:グループでのスリ>

カフェでホッと一息ついていると、ペルー人から日本語で声をかけられ、たどたどしい日本語で「二ホン、イッタコトアリマス」「二ホン ドコ スンデル?」などと、南米さながらの陽気ムードを出して近づき、会話をしている最中に財布と携帯電話だけ抜き取られており、後から気づきパニックに陥った日本人旅行者。

<Case2:デパートでのスリ>

空港から出ているショッピングモールラルコマール行きのバス・エアポートエクスプレスにて同ショッピングセンターで下車し,そのまま徒歩でホテルへ向かったところ,ホテルの受付でパスポート・現金・クレジットカード等の入ったポーチがなくなっていることに気づいた。

おそらく、ラルコマール下車時に人混みを通過した際にスリ被害にあったもの。

☝スリ・置き引き事情と対応策☝

リマ市・カヤオ市を中心に依然として強盗,窃盗の被害が昼夜を問わず多発しています。

こういった事件は特に、人が多く集まるセントロ(ダウンタウン)やバスターミナル、空港、メルカード(市場)で増えています。

対応策
・鞄を常に自分の正面から守るようにする。なるべくネックポーチに貴重品は全て入れて管理するようにする。

・財布をポーチなどにして、財布だと一目でわからないものに金銭や貴重品を入れて持ち歩く。

・180°視界を良好に保つ。

・荷物は必要最低限を!なるべく身軽な状態で行動する。

・荷物を分散する。クレジットカードと現金は少なくとも 2、3 個所に分けておき、1 つのカードが使えなくても別のカードを使えるようにしておく。

・声をかけられた際には特に注意!無視して、自分の身や荷物を守ることを心がける。

 

・短時間誘拐(金銭目的の短時間の身柄拘束)

<Case1:流しのタクシーを装った短時間誘拐>

偽タクシー運転手がアメリカ人夫婦の乗客を銃を持ちながら脅迫し、一時的に監禁した上、ATM を数か所回って現金を引き出させた後に解放された事件。

<Case2:タクシー乗っ取り短時間誘拐>

レストランにて食事後、大通りに出てリブレ(流しのタクシー)に乗車したところ、信号待ちの間にナイフを所持した 2 人組の強盗に乗り込まれ、現金及び貴金属を奪われた上、約 1 時間連れ回された後に解放された。

☝短時間誘拐事件事情と対応策☝
ペルーではリマ市を含む各地で、年少者被害の誘拐や、ATM から現金を引き下ろさせる目的の誘拐強盗(短時間誘拐)が発生しています。

対応策
・タクシーを利用する際は、予約制のタクシー(ラジオタクシー等)、ホテル専属のタクシー、空港タクシーのみとし、流しのタクシーや無認可タクシーには絶対に乗らない。

・安全なタクシーを利用する場合でも、タクシー会社のオペレーターに、運転手の氏名とプレート・ナンバーを予め確認しておく。

・乗車する前にタクシーのプレートナンバーを控える。

 

犯罪から身を守るための留意事項

* 3 原則の徹底

誘拐犯の標的とならないための 3 原則「用心を怠らない」「行動を予知されない」「目立たない」を日頃から遵守する!

 

* できる限り複数人による行動を心掛ける。

 

* 誘拐の予兆を感知したら、すぐに人を呼ぶ(場合によっては警察に連絡)とともに、日本大使館へ連絡すること。いつでもすぐ連絡できるよう、電話帳やメモに登録しておく。

 

* 相手の原因による軽微な物損事故が発生したときに、相手方に不審な点が感じられる場合には、助けを呼ぶか、その場からすぐに逃げる(ただし、拳銃を突きつけられた場合には逆らわないようにすること)。

 

* 屋外では、人通りの多い場所を選んで行動する。夜間は特に!絶対に一人で出歩かない。

 

* 宿泊先の警備体制の再点検を行う。警報装置などがきちんと作動するかのチェックなど。

 

*キャッシュカードやクレジットカードを必要時以外持ち歩かない。

 

*万一拘束されたら犯人の指示に従い、むやみに抵抗しない。

 

ペルー国内で観光客が多く、安心できる観光地

有名観光地は他に沢山旅行者が訪れるので、まだ安心して観光できるでしょう!(^^)!

ペルーの主要な観光地にはツーリストポリスが配置され、治安は改善傾向にあります。

しかし、くれぐれも細心の注意を払うことを忘れずに・・・!!

1. マチュピチュとワイナピチュ

Machu Picchu, Peru, Inca, Viagens, Machu, Picchu

標高約 2430m、ジャングルの中にひっそりと佇む空中都市「マチュピチュ」✨✨

日本から丸一日以上かかるそのはるか遠い謎の遺跡は、ペルーを訪れる一番のきっかけになるくらい、世界中の旅行者を魅了してやみません。

ワイナピチュは、マチュピチュにある小さな山です。

山頂からはマチュピチュ遺跡を見下ろし全体を眺めることができる人気の絶景スポット!

ただ、一日に入山できる人数は400 人と決まっているため、事前予約が必要なので、忘れず事前に予約をしていってくださいね~!

2. レインボーマウンテン/rainbow mountain

Page 2 | royalty free cusco photos free download | Piqsels

クスコから約 140km 南東に位置する「レインボーマウンテン」。

その名のとおり虹のように鮮やかな模様が美しい山で、標高 5100mから見下ろす景色は絶景!

3.ピサック遺跡/Ruinas de pisac

File:Peru Pisac ruins.jpg
Unukorno, CC BY 3.0, via Wikimedia Commons

インカ時代に作られた大きなピサック遺跡、マチュピチュ遺跡に引けをとらないくらい偉大な遺跡で、マチュピチュ遺跡よりピサック遺跡の方がすごい!と評価する旅行者も少なくありません(*^-^*)

コンドルの形をしているとも言われるピサック遺跡、眼下の谷間を流れるウルバンバ川へのほうまで続く、数多の段々畑は、山の形に添った見事な婉曲の描線が見事です!

4.ナスカの地上絵/Nazca Lines

6+ Free Scratching Pictures & Nazca Lines Photos - Pixabay

上空から大地に刻まれたいくつもの巨大絵図が広がる“ナスカの地上絵” 。

未だ、謎の巨大な絵図として何のために描かれたのかは改名されていませんが、巨大な絵図に圧巻です。

クスコから約140km 南東に位置する「レインボーマウンテン」。

その名のとおり虹のように鮮やかな模様が美しい山で、標高 5100mから見下ろす景色は絶景!

 

5.チチカカ湖<ウロス島・タキーレ島>/Lake Titicaca

Lago, Natureza, Ilha, Indígenas

琵琶湖の 12 倍もの面積がある巨大な湖、“チチカカ湖” ✨

標高 3812m という高さに位置しており、真っ青に輝く大きな湖はただ眺めているだけで癒されます♬

また、そんな巨大なチチカカ湖に浮かんでいる水の上に浮かぶ葦でできた島“ウロス島”は、チチカカ湖を訪れたなら、是非足を運びたい島です!

ウロス島の住人であるウロス族の人々は島に自生している葦の一種「トトラ」で建物、さらには島そのものも造ってそこで生活しています。

また、世界無形文化遺産に登録されている色鮮やかな島“タキーレ島”は人口 1500 人ほどのケチュア族の島でケチュア族の人々はみんな色彩豊かな伝統衣装を身にまとっており、これはパートナーの手作りなのだとか・・♡

愛に溢れた島、タキーレ島で絶景と出会ってください♬

 

6.クスコ/Cusco

Cusco Peru Streets - Free photo on Pixabay

標高 3400mに位置する、世界遺産に登録されているペルーの古都“クスコ” ✨✨

15 世紀前半に栄えたインカ帝国の首都として栄えたクスコは、インカとスペインの文化が混ざり合った独特な建物がとても美しい素敵な街です♬

安全・安心!現地発着ツアー by Tripadvisor

ペルーはツアーを利用して観光することを強くおススメします。

Tripadvisor で紹介しているツアーサイト一覧を載せておきますので参考までに・・・!
*ペルー現地発着ツアー

 

まとめ

いかがでしたか?

砂漠から高地、ジャングルまで・・気候風土が異なるエリアが合わさってできているペルー✨✨

世界中から旅行者が訪れる魅力溢れる国ですが、一方で残念ながら旅行者を狙った犯罪も起こっているのが現状です。

ペルーの治安を変えることは難しいですが、治安対策をしっかりしていくことで、被害に遭う確率を下げることはできます。

ペルーに限らず危険と言われている地域に行くのであれば、外務省が運営している情報配信サービス「たびレジ」の登録をしておきましょう!

簡単に登録ができ、登録しておくと、邦人や外国人に関わる事件が起きる度に大使館から事件の詳細と注意喚起のメールがリアルタイムで送られてくるので、予防線を張り巡らせることができます。

犯罪が絶えない、悲しいペルーの現状は個人の力で何とかなるものではないですが、犯罪に遭わないように注意を払うことはもちろん、ペルーという国やそこで住む人々に対して、敬意を持って旅行することを是非とも心がけて欲しいと思います(*^-^*)

そういった心を持って旅をすることで、見えてくるものや感じることが研ぎ澄まされ、より深い魅力を見出すことができます♬♪

せっかくのペルー旅行、日本からははるか遠い国ですが、治安面以外では、神秘的な魅力に溢れている国であることは事実です(#^^#)

プラス面でもマイナス面でも、「日本だと考えられない世界があるんだー!」ということを知ることができることで自分自身の成長に必ず繋がり、人生の糧になるはずです(*^▽^*)

素敵な旅になりますように・・✨

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(*^_^*)

Cafeholic でした!

Peru
最新情報をチェックしよう!

ペルーの最新記事8件

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.