ムヒカ大統領 29の英語名言集(日本語訳付き)


ProtoplasmaKid [CC BY-SA 4.0], from Wikimedia Commons

「世界でも最も貧しい大統領」と呼ばれたウルグアイの元大統領ホセ・ムヒカ氏(José Mujica, 1935-)。

 

 

これはムヒカ氏の最も有名な名言かもしれませんね(^^)

“I'm called 'the poorest president', but I don't feel poor.”

「私は『最も貧しい大統領』と呼ばれるが、貧しいとは感じていない」

 

 

この言葉の裏付けには、

“Poor people are those who only work and try to keep an expensive lifestyle, and always want more and more.”

「貧しい人は値の張る生活を維持しようとしてのみ働き、いつもさらに多くを求めている。」という市場原理主義や新自由主義を信奉する人々を皮肉っているのですね。

 

 

さて、それでは今記事ではそんなホセ・ムヒカ氏の名言を英語で集めてみました(^_-)-☆

 

英語勉強中のあなたへ、、またそのままの英語表現でムヒカ氏の名言を知りたいあなたにおすすめです!

 

 

 

 

ムヒカ大統領の名言集


photo:Frente a Aratiri

 

 

True freedom(真実の自由)

 

“If I had many things, I would have to worry about them. True freedom is to consume little.”

「物が沢山あったら、そのぶん心配しなければならない。本当の自由は、出来るだけ消費しないことなのです。」

 

 

“Living better is not just having more, but being happier.”

「より良い暮らしをするってことは、お金や物を沢山持つことじゃなくて、より幸せであることだ」

 

 

“To be free is to spend most of the time in your life doing the things you enjoy.”

「自由を得るということは、人生の大半の時間を楽しめることに費やしていることだ。」

 

 

“Freedom is so that we may think differently, because agreeing does not require freedom.”

「自由とは、我々それぞれが異なるアイデアや考えを持てることだ。なぜなら人に同意することに自由はいらないのだから。」

 

 

“On the longest road is the shortest journey.”

「遠回りこそが最短の旅路なんだ」

 

 

“I feel angry, I get mad, I speak nonsense, but I cannot cultivate hatred

「私は時に、激怒するし、熱くなるし、ナンセンスなことを言ったりするけれど、憎しみを増幅させることは私には出来ないのです、、、」

 

 

We must be respectful, especially when it hurts the most.”

「最もつらい時こそ、我々は尊敬の意をもつべきだろう」

 

 

“There are things that become valuable when they are lost. They are all dreams that walk through the streets chasing after emotions.”

「失ったときに初めて価値に気付くものがあります。それは様々な感情を追及して駆け抜けた夢のことです。」

 

 

“There is no use whining about the inevitable. The inevitable has to be confronted.”

「避けられないことに泣きごとを言っても仕方がない。避けられないならぶつかっていかなければならないのだ」

 

 

“Yes, I’m tired, but this doesn’t end until they take me in a coffin or I’ve become an old fool.”

「ああ、もう疲れているけど、墓に入るか老いぼれるまで私は終わらない」

 

 

 

 

Consumption(消費)

 

“The way things are going, it is not possible to satisfy that feeling of extravagance that we have.”

「現代の考え方では、贅沢感が満たされることはない」

 

 

“We promise a life of consuming and squandering. But this is a countdown against nature, against the future of mankind.”

「私達は消費と浪費の人生を繰り返している。これは人類の未来と自然に対するカウントダウンである」

 

 

“It seems that we have been born only to consume and to consume, and when we can no longer consume, we have a feeling of frustration, and we suffer from poverty, and we are auto-marginalized.”

「どうにも私の目には、我々が消費するためだけに生まれてきたようにしか見えない。そしてこれ以上消費するものがなくなったときに我々は欲求不満に駆られ、貧しさに苦しむのだ。そして自動的に社会から見放されることになる。」

 

 

“If we aspire in this humanity to consume the way that the average American does, three planets will be needed in order to live.”

「もしも我々がこの人間社会において、一般的なアメリカ人が消費する消費量を真似するなら、我々が存続するために地球が3つ必要なことになります。」

 

 

 

 

Human society(人間社会)

 

“Power doesn’t change people, itonlyrevealswhotheyreallyare.”

「権力で人々を変えることはできない、権力はあくまでもそれを握る人間の本当の姿を明らかにするまでだ」

 

 

“It is possible to have a world with better humanity, but perhaps todaythe first task is to save lives.”

「より良き人類の世界を作ることは可能ではあるが、まずは初めにやらなければならないことは命を救うことである」

 

 

“I want to know the truth of what happened, I don’t believeinJustice.”

「私は何が起こったのか本当の事実を知りたい、私は正義を信じていない」

 

 

“Now we are occupying the temple of the market god. This god organizesour economy, our politics, our habits, our lives, and even provides uswith rates and credit cards and givesustheappearanceofhappiness.”

「今日我々は、市場の神の神殿を支配している。この神は私達の経済や政治、習慣や生活を組織し、更には私達に料金とクレジットカードを提供し、幸福の形を押し付けている」

 

 

“Even though the economy is globalized, our heart, our subjectivitycannot globalize.”

「経済のグローバル化は、我々の心、我々の主観までもグローバル化することはできていない」

 

 

“We destroy the forests, the real forests, and introduce enormous forestsof cement.”

「人類は森林を、リアルなジャングル破壊し、そして巨大なコンクリートジャングルを導入している。」

 

 

”We face a sedentary lifestyle with walkers, insomnia with pills, andloneliness with electronics.”

「私達が直面している社会は、便利社会による健全者の座りっぱなしライフスタイル、不眠者は睡眠薬に頼り、電化製品に囲まれた孤独者が増加していることだ。」

 

 

“I do not look back because the real today was born in the fertile ashesof yesterday.”

「私は過去に依存しない。なぜなら現在の状況は昨日の肥えた灰から生まれているのだから」

 

 

“We will be at war untilNaturedemandsthatwebecomecivilized.”

「自然が我々に文明人となることを押し迫るまで、我々は戦争のさなかにあることを意味する」

 

 

“I carry an enormous social debt and the need to defend the Amazon, theseas, our great rivers in America.”

「私は莫大な社会債務を抱えている、それはアマゾンを、海を、そしてアメリカ大陸の我々の素晴らしい川を保護することなんだ」

 

 

“The modern man is always in a hurry, because if the economy does notgrow, it is a tragedy.”

「現代人はいつも忙しない、もし彼らの経済力が成長しないなら、それは彼らにとって悲劇であるのだから」

 

 

“We heads of state should live like the majority and not like theminority.”

「我々国家元主は、少数派ではなく大多数のように生きるべきなのです」

 

 

 

“Politics is the struggle for everyone’s happiness.”

「政治は全ての人々の幸福のための闘争です」

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

これは私の意見ですが、彼の名言には深く納得させられる内容が多いと感じます。退屈に感じることの多い政治もこういった人が立つと変わっていくのではないかなと思ったりもします。

 

また英語表現や単語などの勉強にお役だて頂けたなら幸いです(^^)

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る