インド バックパッカーブログ⑦【マイソール】


こんにちは!
本記事では南インド・マイソール王国について書いています。
えっ、マイソール王国なんか聞いたことない??
それは、正確に言えば『元マイソール王国』だったのです。
それでは元マイソール王国の秘密の歴史に潜入していきます

マイソールの歴史 【マイソール王国と呼ばれる理由】

簡単にわかる歴史


①1399-1947 マイソール王国 現在のマイソールを首都としたヒンドゥ王朝
(南インドを支配したヒンドゥ王朝ヴィジャヤナガル王国から独立した)
②1760-1799 ムスリム支配におかれた期間
③1799-1947 東インド会社支配下&イギリス領インド帝国の支配下の時代
マイソールはその地域に最後に存在した王国だったのです

マイソール王国|行き方

【バンガロールからのアクセス】
バス   約2時間 300ルピー 直行バスが出ています
電車    2時間 110ルピー 一本でいけます

マイソール宮殿


マイソールを訪れるなら必ず行くべき場所
(むしろ他に見どころもない気が、、)
・入場料は50ルピー(以前は200ルピーでしたが、外国人料金がなくなったとのことです)
・訪れるならライトアップされる日曜がおすすめです
ちなみに、夜のライトアップは、、
こんな感じです!

じゃーん!!
どうですか?きれいでしょう
中をチラ見せしちゃうとこんな感じです

でも、個人的な思い出は、、

この溢れるほどのオールド硬貨!古銭!!
中でも気に入ったのが

右側のガネーシャのコイン!これは東インド会社時代に作られたコインで
ついつい買っちゃいました(予算ないのに、、泣)
もちろん値切りましたよ。
『お客さん捕まえるから安くして!笑』
※ガネーシャの生い立ちをさらっと知りたい方
インド バックパッカーTATSUブログ③【遺跡と彫刻】
面白おかしく書いているのでよかったら読んでみてくださいね

コインだけでなく味でまくりの指輪とかもありました
ちなみにここでも3時間は居座りましたね~
暇人でしょ?(笑)
そして、これもいい思い出・・

旅の友として長年履いたDANNERのブーツ!
さすがにぼっろぼろだったので、縫ってもらってきれいにしてもらいました

そしてご飯ご飯
予算のない人はストリートフードですよ~!!

まとめ

南インドに訪れる方は是非、マイソールにきて入場料払って宮殿の中を見てみましょう。
ここでは本当の中の写真は、載せていませんが(モラルの問題かなと思ったので)
見る価値あると思います!出来れば日曜日がおすすめですよ。
そして、宮殿のまわりのマーケットや人のにぎわう様子も
楽しくておすすめです。
次はいよいよハンピ!
インドで一番好きな地です!
田舎に入っていきまーす!

続く
インド バックパッカーTATSUブログ⑧【ハンピ】

最新情報をチェックしよう!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.