【カナダ/旅行】ウィスラー 行き方

面積がとても広いカナダ、見所も満載、観光スポットへの行き方も様々です✨

 

目的地へたどり着く道中も、何か新しい発見や絶景に出会えたりするので、おもしろいですよね✨✨

 

🍀カナダ・ウィスラー🍀

 

ウィスラーはバンクーバーを少し北上したところに位置している、北米でNO.1を誇るスキー場としても知られており、国内外問わず沢山のスキーヤーがウィスラーを訪れます。また、マウンテンバイクも有名で、マウンテンバイクパークランキングでも常にウィスラーはTOPの方にランクインしています(*^▽^*)

 

 

夏場はマウンテンバイク、冬場はスノーボードやスキー客で握いを見せるウィスラー、周りは高い山々に囲まれた、大自然が目の前にうわぁ~っと広がる景色を背景にとってもお洒落で素敵な雰囲気のウィスラーの街に是非足を運んでみてください♬日本では見られない絶景の数々に、自然が好きな方は感動するはず・・・✨✨

 

今日はカナダ西海岸側の観光地、ウィスラーへの行き方についてご紹介していきます!

 

🌷ウィスラーへの行き方🌷

①バス 料金:25ドル~


photo:Jennifer Morrow

 

ウィスラーへのアクセス方法で一番の王道はやはりバスです♬♪料金も格安でひたすらルート99の一本道を突き進んでいきます♪

 

数あるバス会社の中でも、スカイリンクスが最も大きなバス会社で、安心できます(*^^*)ウィスラーまではバンクーバー市内から約2時間半、あっという間に着きますよ~♬

 

☞スカイリンクス URL:https://www.yvrskylynx.com/

 

他にも下記のバス会社がバンクーバー~ウィスラー間の便を出しています🚌詳細は下記URLをチェックしてください(^^)/

 

・ペリメータートランスポーテーション http://www.perimeterbus.com/

 

・エピックライド https://epicrides.ca/

 

 

<メリット>
・ウィスラーまでほぼノンストップで速い(片道2時間ちょうど~2時間20分)
・バスはゆとりのある座席で快適。wifiもある。
・バンクーバーダウンタウン内だけでなく、空港からも発着していて便利

 

<デメリット>
・自由に立ち止まれないので、トイレ休憩まで我慢が必要になったり、絶景スポットがあってもスルーすることになる

 

・どんな乗客が乗るか分からない

 

+バスで行く日帰りツアー

手軽に行けるウィスラーですが、ツアーで気軽に行くのもありです✨途中、観光も入るのでウィスラーだけでなく、他の観光スポットにも行け、料金は込み込みパッケージなので安心です♬♪

 

スキーリゾート・ウィスラー日帰り観光ツアー<12月~3月/バンクーバー発/ゴンドラ券付>  

 

 

 

自由時間たっぷり!ウィスラーマウンテン観光ツアー<英語ガイド/バンクーバー発>

海から空へのハイウェー(Sea-to-Sky 
Highway)沿いにそびえ立つ2千メートル級の山々、ブリティッシュコロンビア州2番目の落差を誇る滝、世界2位の巨大な一枚岩。バンクーバーからオリンピックの舞台となったウィスラーへ行く日帰りツアーです。

 

 

 

 

 

②ヒッチプラネット 料金:10ドル~

【カナダ/旅行】ウィスラー 行き方

 

☞ヒッチプラネット URL:https://www.poparide.com/

 

ヒッチハイクが事前に予約できるサービス、分かりやすく言えばUberの個人バージョンだと思って頂ければ何となく理解できるかなと思います。

 

ウェブサイト上に、料金や時間などの詳細が書かれているので、条件を確認してからサイトから予約ができます(*^_^*)

 

バスよりもリーズナブルに行けて、柔軟性もあるので他人との相乗りに抵抗がなければとてもお勧めです✨

 

 

<メリット>
・バスよりも安い!
・バス予約より簡単に予約ができ、一時間毎に予約ができるので、スケジュールが組みやすい
・出発前日でも予約ができる
・自家用車なので、バスより座り心地は快適なことが多い
・リアルなネイティブ英会話ができる
・車中で気が合って、友情が芽生えるかもしれない
・好きなタイミングでトイレ休憩をリクエストできる

 

 

<デメリット>
・あくまでも個人間のサービスになるので、責任は自分に全てある。
・ドライバーが遅れてくる場合もあるかもしれない
・性格やノリが合わないかもしれない

 

 

③レンタカー/Rent a Car 料金:30ドル~

自分でウィスラーまでのドライブルートを決めながら気ままにウィスラーまで行けます✨途中で、ふらっと立ち寄って絶景をゆっくり見ることができたり、気になるカフェに入ったりと、自分のペースで旅ができるところはレンタカーならではです(*^_^*)

 

🍀レンタカー会社🍀

 

・エクスペディア/Expedia
・ホリデーカーズ/Holidaycars

 

800社以上のサイトから最安値を比較して予約できます✨✨

 

 

<メリット>
・自分のペースで目的地まで行ける(寄り道したり、道中で見つけた絶景スポットにぷらっと立ち止まれる)
・思いがけないところで、思いがけない景色や動物に出会え、どの都度気軽に立ち止まれるので+αの思い出作りができる

 

<デメリット>
・日本とは運転席も含め、全て反対側なので、運転に戸惑うかもしれない。
・冬場の雪道はリスクがある
・道中も大自然が広がっているので、野生動物に出会うかもしれない

 

 

④水上飛行機

 

詳細URL:https://www.whistler.com/getting-here/air/floatplane/

 

バンクーバー-ウィスラー間を約30分で結ぶ水上飛行機✨空での移動なので、交通渋滞の心配もなくわずか30~45分でウィスラーまで到着します(*^^*)✨上空から見たウィスラーまでの空路は、まさに見所満載♬

 

エメラルドグリーンの湖、連なる高い山々、氷河など上空から見る景色はやはり別格です( *´艸`)

 

🌷料金 🌷

大人(12歳以上)  CAD 208
子供(2~11歳)  CAD 110

 

 

 

水上飛行機に乗る 満喫ウィスラー1日観光 <6月~9月/日本語ガイド/バンクーバー発>

山と森と湖の大自然あふれるマウンテンリゾート・ウィスラー。素晴らしい景観に加えて、スリル満点のゴンドラや、様々なアクティビティがあなたをお待ちしております。思い切り楽しんだ後は、水上飛行機で一気にバンクーバーまで!

 

 

含まれるもの: チップ/アクティビティ中の交通費/税金/日本語ガイド

 

<メリット>
・ウィスラーまで渋滞の心配なく、短時間で移動できる。
・上空から別格の絶景を存分に満喫できる✨ウィスラー周辺は山岳地帯なので、湖や氷山の絶景が広がり、プライスレスな経験ができる(*^^*)

 

<デメリット>
・料金が他の交通手段に比べると高い。
・1日2便しかない。

 

 

➄夏限定!観光列車「Whistler Sea to Sky Climb」

 

☞webパンフレット:http://www.japanada.com/service/traffic/SCM_Japanese-brochure.pdf

 

ノース・バンクーバーとウィスラー間を1日1往復する夏期限定の特別展望列車です✨バスや車からでは見られない湖や山々の絶景を車窓から楽しめる贅沢な鉄道の旅が楽しめます(*^_^*)見どころスポットでは、列車が止まったり、速度を遅くしてくれるので、ゆっくり絶景を眺められますよ(*^_^*)

 

夏場のウィスラーはカラッと爽やかで、晴れる日がほとんどなので、絶景に囲まれながら、素敵なひと時を過ごせます♬

 

🌷料金 🌷

バンクーバー - ウィスラー Whistler Service 大人 子供
片道 $199  $119
往復 $299  $199

 

 

 

+α バンクーバー国際空港からウィスラーへ直行便!

見知らぬ土地で大きな荷物を待ちながらの移動は結構大変です(;∀;)そんな時はお手頃な混載送迎がおすすめです♪お客様のフライト時間に合わせて送迎。日本語のチェックインアシストもついて安心!

 

 

バンクーバー空港⇒ウィスラー市内ホテル

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

都会とは全く異なった大自然の恩恵が目の前いっぱいに広がるウィスラー、ウィスラーで見る山々は日本では見られない、おおきな山々です♬♪

 

日帰りでも楽しめるので、バンクーバーへの旅行の際には、是非一度足を運んで頂きたいスポットです(*^▽^*)

 

バンクーバーでは見られない、広大で素晴らしい絶景の数々・・・絶景をバックに、大自然と存分に戯れて、素敵な思い出を沢山作りましょう!(^^)!

 

ウィスラーへの移動についてお手伝いが少しでもできていれば幸いです(*^_^*)

 

最後までお読み頂きありがとうございました♥

 

Cafeholicでした!

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る