【ベトナム/ニャチャン】おすすめ|観光・アクティビティ・マッサージ

ホイアンで旅仲間と別れ、新たに中国旅行者の一行と旅を始めた私が訪れたのは、ニャチャンであった。

 

もともとニャチャンについての情報は全くなく、彼女達の行くままに流れてきたようなものだったが、実際に来てみると遊び方にも幅があり楽しく過ごせたので、バックパッカーの皆に情報を少しでも共有できればと思う。

 

 

ニャチャン|バックパッカー

 

知ってましたか?

 

3,200㎞以上も続くベトナムの海岸線で、ゴールドコーストのようにビーチと街が隣接しているのはなんとニャチャンだけなんです。まるで半円を描くように延々と続くビーチは7㎞にも及びます。

 

ニャチャンに滞在している限りビーチにいつでも飛び込めます。

 

ニャチャンを色々と見て回った感想としては、街は碁盤の目を砕いたような作りで、至る所にエステやマッサージなど女子に嬉しいお店が点在します。海沿いには海鮮物のレストランが数多く並んでおり、ごちそうにありつけるチャンスです。

 

徒歩でも十二分にニャチャンを満喫することが出来ますが、バイク移動が出来れば行動範囲はもちろん広がります。海岸線の道路は流れもよく、インドの大都市チェンナイやデリーなどと比べるとそこまでガチャガチャではないので快適です。

 

またボートで海を離れれば、島が点在し、スキューバダイビングやパラセーリングなどのアクティビティを満喫できます。

 

ニャチャン|主な見どころ

10のビーチ

 

ニャチャンには有名なビーチが10か所ほど存在します。街のセンターにあるニャチャンビーチから、100㎞ほど街を離れたところにあるHonOngBeachまで海好きな方なら日替わりで色んなビーチに足を運んでみるのもいいかもしれません。ニャチャンビーチは観光客でいつもいっぱいですが、街を離れたビーチは透明度も高く、静かに過ごせるのでとってもおすすめです。

 

ニャチャン大聖堂(Cathedral of Christ the King)

1928年にゴシック様式で建てられた教会で、街の中心からは徒歩で25分前後で行くことが出来ます。

 

教会は街のやや高台に建てられていて、敷地入り口には聖母マリアが街を静かに見守っているかのように立っています。またその後ろの壁では、様々な宗教的背景が彫刻されており、目の前に立ち呆けては、物語を悟ってみるのも面白いかもしれません。

 

入り口から数分坂を上ると教会の敷地に入ります。教会はとても立派で建物外周にはアーチが組まれた通路は写真を取るには面白いスポットかもしれませんね。

 

 

ポー・ナガール

 

ポー・ナガールは、チャンパ王国の遺跡群の一つです。

 

チャンパ王国とは現在もベトナム中部に暮らすチャム族の直接的先祖だと云われています。このポー・ナガールの建造物自体は8、9世紀に建設されたと推測されていて、面白いことにチャンパ王国はかつて日本との繋がりがあったようです。16世紀ごろには徳川家康が沈香を求めたという信書が残っていて、それ以前の14,15世紀には琉球王国(現在の沖縄)と通行関係があったとのことです。

 

 

私のポー・ナガールの印象は一言に「テトリス」なのですが、この感覚を理解できる方がどれくらいいるだろうか(笑)

 

 

ホンチョン岬(Hon Chong Beach)

バイクもしくは車で約20分北上したところにある小さな半島岬。ホンチョン岬自体はとても静かでのんびりとカフェなどを楽しむことができる。

 

またここの岩場には、一つの岩が、巨大な二つ岩の間に挟まっていて登ることでパノラマ景色を楽しめるというちょっとした観光スポットが存在する。ちなみにこの岩に登るのにお金がかかるので興味のある方は小銭の用意を(22,000VND)

By Cant stop shooting film from Nha Trang, Vietnam (Hòn Chồng) [CC BY 2.0 ], via Wikimedia Commons

 

 

少し怪しいお手頃価格なマッサージ

 

ビーチや観光を満喫した午後や夕方は、街のいくつもあるマッサージを試してみるのはいかがでしょう?
よっぽど立派なマッサージ店などを選ばなければ2,000円で全身90分コースなども全然見つかりますよ。

 

 

 

・・・

 

私と当時の旅行仲間の実際にあった体験談をお伝えします。

 

僕はこの時、他に二名の中国旅行者の女性達と一緒にマッサージを受けに行きました。

 

僕がマッサージを受けていると、中年の女性マッサージ師が僕の股間をさすり始めそして言いました
「スペシャルなマッサージ欲しいー?」

 

さらっと断ったのですが、それから数分毎に「ここにマッサージ欲しくないのー?」

 

僕「いや間に合ってるから大丈夫だって言っているじゃん、しつこいよ」

 

新聞の勧誘のようでした(笑)

 

話には少しだけ続きがあって、僕がマッサージを先に終え、二人が戻ってくると同時に言いました。

 

「マッサージの途中に男が入ってきてSEXしないかって誘われたの、もーなんなの!」

 

彼女達は半分不快な気分をしたと言いつつも、きっとなかなか面白い経験をしたと感じていたのか顔は笑っていました。

 

後から聞いた話、べトナム戦争時代にはアメリカや韓国兵を相手に"マッサージ"をしていた歴史があり、続いて今もこうした風習が残っているそうです。

 

 

豪華海鮮ディナー

 

マッサージを受けて気持ち良くなったあとは、美味しいものでお腹を満たしましょう。見るだけでもワクワクするほどの海鮮物が店の水槽であなたを待ち構えています。

 

そうそう、ここで問題です。あなたならどうしますか?

 

問題:あなたと中国旅行者の5人、計6人でご飯を食べに来ています。しかし4人テーブルしか空いておらず他のテーブルは満席のように見えます。さて、あなたならどうしますか?

 

 

僕が他の店探そうよというと、僕らの姉さんの一人が知らぬお客さんに
「すいませんけど、私達6人テーブルが必要で、あなたたち4人よね?ここのテーブル譲ってもらえないかしら?」

 

「えーーー!!」っと、驚愕する僕。

 

答えはここにはないのですが、ポイントは、よく考えてみると論理的な話だよなと思ったのです。
テーブルにはこれで完全に無駄なく埋まる。店にもお金が効率よく転びこむ。

 

ただ、なかなか日本だとなかなか出ない発想だよなと、、頭を少しひねらされたというお話でした。

 

皆さんはどう思いますか?

 

 

是非とも行きたいクルーズツアー

ニャチャン周辺のミュウ島、モッ島、ムン島の各島を訪ずれたり、ダイビングやシュノーケリングが楽しめます。
ツアーによりますが大半が丸一日かかるので、時間に余裕のある方は是非検討してみるといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

最後に

ベトナムのゴールドコースト【ニャチャン】に訪れたなら是非色んな街の顔を覗いてみてください。きっと面白い体験が待っているはずです。

 

街にはヘナタトゥーが出来るところやクラブなどもあり、ナイトライフもなかなか見どころです。
是非素敵な思い出がニャチャンで出来るといいですね。

 

ベトナム大冒険編では、他にも
【サパ編】
【ハロン湾編】
【ハノイ編】
【ホイアン編】
も書いていますので、旅の情報収集にお役立てくださいね。

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る