ニュージーランド旅ブログ・真冬の6週間縦断②【Day2~3|ロトルアお役立ち情報情報編】

 

 

 

ニュージーランド縦断の旅を始めた僕ら3人は、
カティカティの友人達と街にさよならしてロトルアへやってきた。

 

ロトルアは僕らが辿る東海岸のルートからは外れていたが、僕のわがままで寄り道させてもらった。
ニュージーランド旅ブログ・真冬の6週間縦断①【マオリ大家族との出会い~カティカティ|旅の始まり】を読んでくれた方はわかると思うが、ロトルアは僕にとってニュージーランド生活の始まりの地であり、いつでも待ってくれているマオリの家族が住む地でもある。

 

 

ロトルア|Tarakona【マオリの洗礼と命名】

 

日が暮れた頃にロトルア到着した僕ら3人は、シャーロンと食事をとり、モノポリーをしながら色々と語りあった。

 

シャーロンは昼間こそ働きに出ているが、元々はシンガーであり、週末は市内のバーで歌っている。以前居候していた時は、それこそ彼女が仕事を終えたあとは、家に巨大なスピーカーを設置して、夜中まで一緒によく歌った。

 

この家はシャーロンやエニー達、親戚の本家となっており、彼女たちの曽祖父は、族名でこそ覚えていないが北島の一地域をまとめるマオリ族の族長であったようだ。それから代々、一族の土地を親族で分割し守っていくために子孫たちが20人ほど集まり会合を開いている。

 

会合には助手として何度か参加させてもらったことがあるが、それは立派なもので、パワーポイントなどを使ってその日の会合内容がすすんでいく。皆には印刷された資料が配布され、同意の得られたものは書面にサインを交わしていく。会が終わると皆の緊張も解け、和気あいあい飲み会が始まるのだ。

 

この家族をみるたびに大家族の魅力を感じさせられる。

 

日本も戦前は10人兄弟などもあったようだが、現在では、家族平均の子供出生人数は1.3人だそうだ。

 

話は少し戻るが、NZに到着して数週間たった頃、僕は彼女達との生活にも打ち解け、訪問する50人近い親戚とも面識が出来ていた。そんな頃に僕を迎えるためのパーティを開いてくれた。そして皆がダンスを踊った、マオリ族の伝統的なウェルカムダンスだ。男たちは勇ましく胸をたたきハカダンスを、女性達はポイダンスというフラダンスのような踊りをみせてくれた。そしてダンスが終わると僕の首にはマオリ伝統のネックレスがかけられ、『TARAKONA(タラコナ)】というマオリ名まで頂いた。

 

TARAKONAはマオリ語でドラゴンの意味をもち僕の名から取られた。

 

このネックレスとタラコナという名は、間違いなく僕の一生の宝である。

 

 

そういえばマオリ族について僕が知っている範囲で少し話したい。もともとアイランド系の移民族で、映画モアナ伝説の海はマオリ族をモデルにした物語である。ハワイやサモア、トンガなどのポリネシア系は元をたどればつながっているそうだ。言語学的にもこれらはつながりをもっていると考えられている。

 

 

ここで、僕のふるさとであるロトルアの紹介をしていこうと思う。

 

観光みどころ

ロトルアは、温泉と美しい自然で有名な街である。ここではロトルアに訪れた際のみどころをいくつか絞って紹介しようと思う。

 

自然

WAI-O-TAPU


ワイオタプは、マオリ語で神聖な水という意味があり、色鮮やかな自然の景観が楽しめます。20種類以上の地熱地帯がありますので、数時間を過ごすにはぴったりですね。アクセスは車で30分です。

 

LAKE TARAWERA

タラウェラ湖は、ロトルアで最も美しい湖と呼ばれています。街からは車で30分ほどの位置にあり、湖から水上タクシーで秘境のビーチに行くことができます。ホットウォータービーチと呼ばれ温泉が湧いています。

 

REDWOODS FOREST


レッドウッドは、市内からバスで20分。高々とそびえる森の中を散歩したり、サイクリングが楽しめます。ロトルアに来たなら欠かせない場所の一つです。

 

TE PUIA

Bob Linsdell [<a href=
CC BY 3.0], ウィキメディア・コモンズ経由で" />

 

テ・プイアは、バスで15分ほどのところにあり、間欠泉を間近で見ることができます。この間欠泉は高さ30mまで吹き上がることもあり、その迫力は圧巻です。

 

MT TARAWERA


タラウェラ山は車で約1時間。1887年に巨大噴火した火山で、壮大な景色とクレーターを眺めることができます。所要時間は4,5時間です。品からツアーも出ているので車のない方にはおすすめです。

 

 

リラックス

 

WAIKITE VALLEY THERMAL POOLS

昔からマオリの人達がつかっていた温泉です。車で30分

 

KEROSENE CREEK

ケロセン・クリークは車で約30分。無料で天然温泉が楽しめます。

 

HELLS GATE

ヘルズゲートは、車で約20分、温泉につかりながら泥パックが楽しめます。

 

LAKE ROTORUA

市内中心のロトルア湖畔で、ベンチに座りながらのんびりするのもおすすめです。特に車のない方にはぴったりです。

 

 

カルチャー

Tama-Te-Kapua marae


マオリ族の集いの地として使われる施設。ロトルアに数か所あるが、タマテカプアのマラエは市内から徒歩10~15分ほどで行けるので、マオリ文化を学びたければ訪れてみるといいでしょう。

 

 

ツアー

ワイトモ&ロトルア&ホビット村&トンガリロ国立公園 2泊3日ツアー<日本語ガイド/空港送迎可/オークランド発>

2泊3日でワイトモ、ロトルア、タウポ、ホビット村を周遊!土ボタル鑑賞やトンガリロ国立公園見学、マオリ文化や間欠泉が観られるテプイアなどニュージーランドの魅力を詰め込んだ、見所たっぷりのツアーです。旅の疲れを癒す天然温泉も楽しめます♪

 

世界遺産トンガリロ国立公園1日観光 <ロトルア発>

世界遺産トンガリロ国立公園でのショートウォークを体験できるツアーです。国内最大の湖のタウポ湖、迫力満点のフカ滝、ワイラケイ地熱発電所なども立ち寄る、見どころ盛りだくさんの人気ツアーとなっています。

 

マオリ癒しの湯、泥湯と硫黄温泉観光ツアー<ロトルア発>

700年前から治癒力があるとして知られる、世にも珍しい泥風呂と硫黄温泉のお店、ヘルズゲート&ワイオラスパでの癒しのひと時をお過ごしください。マオリ族伝統のミリミリマッサージや泥マッサージも別料金にて体験できます!

爽快なジップラインを体験!ロトルア・キャノピー・ツアー

ロトルアから約15分ほどの森林の中で、ジップラインを体験!ターザンになった気分で、森の中にはりめぐらされたロープを滑り降ります。大自然に恵まれたニュージーランドならではのアクティビティをぜひお楽しみください。

 

ジェットボード&パラセーリング ロトルア湖で人気のアクティビティを満喫!

豪快に水しぶきをあげて駆け抜けるスリル満点のジェットボード&爽快に空中散歩が楽しめるパラセーリングをロトルア湖で楽しもう!ジェットボードは小さなお子様から参加可能!ご予約はこちら!

 

 

 

まとめ

懐かしの家族との再会を果たした僕らは、ここからいよいよ本格的に真冬の凍えるようなキャンプ生活を始めるのだった。
ロトルアから東海岸はイーストケープへと旅路をすすめたのだった・・・

 

続く
ニュージーランド旅ブログ・真冬の6週間縦断③【Day4,5|世界で初めに陽が昇る場所】

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る