【ワーキングホリデー】ニュージーランド年間費用 

 

 

こんにちは

ニュージーランド在住のTATSUです

 

ワーキングホリデーVISAを使って、ワーホリに行くことを決めたはいいけど、

 

・『いくら貯金したらいい・・・?』
・『語学学校に通いたい、いくら必要?』
・『一か月の生活費は??』
・『現地で車を購入したいけど・・』
・『時給はいくらぐらい??』

 

などなど、色んな疑問が出てきますよね。

 

そんなあなたのため、今回は現地で生活をする私が疑問を解決していきます。

 

予算が見えると、貯金目標だったり、出発時期目安だったりと予定を立てやすいですもんね。

 

 

ニュージーランド ワーキングホリデー 1年間費用目安

 

1年間のNZワーキングホリデー準備で必要になってくる総費用
【130~150万円】

項目 年間目安 備考
渡航前 46万円 航空券15万円(往復)+保険30万円(高め)+ビザ費用1.5万円
語学学校 45万円 3か月通う場合45万円(費用高めの学校)
家賃 60万円 月5万円×12か月
生活費 60万円 月5万円×12か月
アルバイト代【収入】 150万円【収入】 月18.75万円×8か月【収入】

 

『えっ、準備予算ってそんなに必要なの?!』と思う方もいるかと察します。

 

【渡航前にかかる費用】+【留学費用3か月】+【入国初めの4~6か月の家賃&生活費】

 

後で足りなくて困るより、最大値がわかっている方がいいという前提で予算を出しています。

 

もちろんお金は使えば出ていくものなので使い方次第ではありますが
これくらいの予算があると選択肢も広がってある程度、余裕を持って海外生活がスタートできるでしょう。

 

というのも、僕がオーストラリアワーホリをスタートした時、10万円だけ握りしめて飛び立った経緯があって、とても金銭的な問題に選択肢を縛られた経緯があるので、経験は語るといったところです。(ちなみに後にニュージーランド入国した際は、学んで60万円ほど用意してきました。)

 

冒険的なチャレンジとしては、あれはあれでよかったと言える半面もありますけどね(笑)

 

以下、『節約術』を書いていきます。

 

 

 

渡航前費用

 

航空券代金

【費用目安 7~15万円】
実はニュージーランドのワーキングホリデーの場合、片道の航空券でも入国できます。
しかし入国前片道チケットの場合は、税関で残高証明書の提示を求められた場合、
4200ドル(求められる銀行残高)+帰りチケット購入代金(約1000ドル)≒5200ドル(約40万円)が必要となります。

 

私の場合、オーストラリアもニュージーランドも片道チケットで、残高提示は求められませんでした。
おすすめとしては、ニュージーランドで就労ビザ、永住ビザの取得を考えている方や、バックパッカーでニュージーランド出国後は各国旅してまわろうと考えている方などは片道航空券にしたほうが、後々都合がいいと思います。

 

 

海外旅行保険

【費用目安 6.2~30】
AIGなどの超大手の保険に加入すれば安心ですがそれなりの費用がかかってきます。逆にユニケアのようなお手頃のプランであれば費用少なく必要な項目を上手にカバーすることも出来節約がはかれるかと思います。

 

保険については、【世界一周(バックパッカー)海外旅行保険のおすすめ|出発前に把握しておくべきこと】でも書いているのでよければチェックしてみてください。

 

私の場合は今でこそ保険に入っていますが、旅をして初めの4年間一切保険に入っていませんでした。幸か不幸か保険に入って間もなく手を骨折し、全治6週間の治療を要しました。

 

も・し・も、保険に入っていなかったら、、と考えるとヒヤッとしました。

 

保険の補償内容は個々で選んでいただければと思いますが、保険自体には加入しておくべきだと思います。

 

 

ビザ申請/健康診断

【ビザ申請/健康診断費用 約13,000円】
NZのワーキングホリデーの場合、ビザ申請そのものはかかりません。ただ申請するにあたって胸部レントゲン検査NZIS1096が必要となるのでこちらにかかるのが、約13,000円です。病院によって多少金額が異なるようですので、予約時に確認するといいですね。

 

 

語学学校

 

【3か月の目安 25~45万円】
語学学校費用は、週費用×週数になります。※その他、各学校により入学費用などもあります。
ニュージーランドには30以上の語学学校がありますが、週の授業料は260~435ドルとなります。
学校によって、少人数制度にこだわっていたり、会話重視だったりとそれぞれ特徴があるので、自分にあった学校を選ぶといいですね。安くないお金を支払うので、しっかりと成長できる学校探しが大事だと思います。

 

あくまでも私個人の話にはなりますが、私の場合、英語習得に関しては語学学校には行かずに独学で勉強しました。学校に3か月ぐらい行けば、基本的な生活が出来るレベルにはなると思います。ですが大切なことは、学校に行く・行かない関わらず常に自ら学ぶ姿勢を持つという事だと思います。語学への努力は決して裏切りません、1年たった時の自信や満足感が大きく変わってくると思います。

 

なのでこれから英語を習得しようと考えている方、是非とも頑張ってください!

 

 

 

生活費

 

家賃 60万円/年

家賃相場は、週150ドルほどですね。これはオークランドやクライストチャーチ郊外の一人部屋の費用を参考にしたものです。シェアルームであれば週20ドルほど抑えられる可能性がありますし、逆に都市中心、リゾート地のクイーンズタウンなどでは家賃があがります。

 

ホームステイ

ニュージーランドでワーキングホリデーを始めるにあたり、初め3か月ほど語学学校に通われる方が多いと思いますが、その際滞在先は学校の寮もありますが、ホームステイを好む方もいらっしゃいますね。

 

その際のホームステイ費用目安は、1ヶ月で20~25万円が目安となってきます。自分で部屋を借りるよりはどうしても割高になりますが、それでもニュージーランドで【現地の生活が学べる】、【食費や光熱費が含まれている】などメリットもあります。何より入国したてで右も左もわからないという方には、いい経験ではないかと思います。

 

ちなみに私が暮らすクイーンズタウンはリゾート地なので、一人部屋の相場は週200~300ドルほどで、他の都市と比較すると決して安くはありません。友人や恋人とルームシェアするのは節約のヒントになるかもしれませんね。

 

 

食費・交通費・交際費 60万円/年

【食費】 1~5万円/月 
食費は日本の生活でも同じことが言えますが、自炊するか、外食するかで大きく変わってきます。
例えば外食の場合、一食あたり10~20ドル(約800~1800円)です。お酒を飲まれる方はプラスでドリンク代がかかります。

 

飲食店やホテルなどで働いてる方の場合、賄いが出たり、残り物を持ち帰ったりできるので食費がほとんどかからない方も多いでしょう。

 

【交通費】 0~2万円/月
交通費は、職種であったりとか、勤務先と自宅の移動方法によって様々です。

 

【交際費】 1~6万円/月
主に遊ぶためのお金ですね。あなたが夜飲みに出かけるのが好きな方か、はたまたハイキングしたりサイクリングしたりするのが好きな方なのか等々趣向によって変わってきますね。ちなみにビールは1杯約600~900円です。

 

 

ニュージーランドの仕事

 

必要な予算は見えてきたけれど、働くことの出来るワーキングホリデーでいくらぐらい稼げるか気になるとこですよね☆

 

ご紹介していきますね

 

【職業別時給目安】
レストラン、ホールスタッフやキッチンスタッフ
16.5~18ドル ※メインシェフ(17~27ドル)
ホテルスタッフ、クリーナー
16.5~20ドル
ファーム
16.5~18ドル
ツアーガイド
平均 17.57ドル
建設業
18~50ドル 経験地による

 

 

ニュージーランドでは、技術職で経験がある場合は、高い評価を受けやすく時給もぐっと上がる可能性があります。また、永住権の取得にもつながりやすいです。

 

 

 

車の購入

 

ニュージーランド滞在中に車の購入を検討している方。ニュージーランドでは車の個人売買が頻繁に行われていて、名義変更なども郵便局で簡単に済ませることができます。日本と大きく異なるところの一つは、走行距離200,000㌔を超える車両が市場にたくさん出ていることです。日本であれば廃車処理されてしまうような車が、そこらへんで沢山走っています。

 

年式が落ちたり走行距離の多い車は、0~30万円で見つかることも多いです(スーパーマーケットに張り紙があり、購入者を探していたりもします)
もしくは、日本と同じように中古車屋さんかディーラ-などでの購入ももちろん可能です。

 

車に詳しい方や、自身でメンテナンスが出来る方は、古くても状態のいい車を見つけられる可能性も大きいです。車に詳しくない、よくわからない方は、ディーラーなどでしっかりとメンテナンスされた車を購入した方が無難でしょう。

 


入国して初めに働いたキウイフルーツの仕事で出会った友人がワーホリを終え出国するので買い取らせてもらいました。
1992年式のスバルレガシーで走行距離も200,000㌔を超えてましたが10万円で購入し、数年たった今も大きな問題もなく健在です。
もちろん、タイヤがすり減っていたり、ブレーキパッド交換したりと時々手間をかけてはいますが、それでも50~100万円もするような車を購入するよりはよっぽど安上がりですよね。

 

もちろん、それぞれこだわりや好みもあるので、一概に何がいいとは言えないですけどね(笑)

 

個人的には、ステーションワゴンタイプの車は使いまわしがよくて気に入っています。三人で2か月ほど車で移動しながら寝泊りも出来ましたし、キャンプ道具などもざっくりと詰めて、後ろのシートを倒すとマットレスがひけたりもするので、旅好きな方にはおすすめですかね。

 

 

スキー/スノーボード

 

NZでは、6~10月がスキーシーズンとなります。中でもクイーンズタウンやワナカは有名ですね。
リフトパスは約70~100ドル/日、メジャーでないところだと40~70ドル/日。ボードなどのギアレンタルが24~60ドル/日、スキーウェアも借りるなら一式約30ドルほどになります。

 

予め冬は主にスキーやスノーボードを思いっきり楽しみたい方は、ギア一式、シーズンパス(600ドル~)を購入することをおすすめします。一度に1000~2000ドルほど費用がかかったりもしますが、冬の間、お金のこと気にせず思いっきり楽しむことができます。

 

また、中古でもよければ格安でギアも売られているので、見てみるといいですね。

 

ひとり旅/観光

 

ワーキングホリデー中に、長期短期限らず思いっきり旅や観光を楽しみたい方は少なくないでしょう。
そんなあなたに、予算立ての目安となる費用目安をのせておきますね

 

【一日あたり必要といわれる旅費 平均63ドル】
・宿代  平均35ドル/日
・公共交通機関 10~30ドル
・食費 15ドル~/日
・観光地入料  平均17ドル

 

 


【おすすめ】

 

ニュージーランドは本当に美しい国だと思います。自然だけをみたらもしかしたら世界一?!
一度は必ず南島を訪れてみてください!きっと一生に残る思い出が出来るはずです。

 

 

ワーホリやバックパッカー向けの無料カウンセリングをご希望の方

 

 

まとめ

ニュージーランドKIWI ワーキングホリデー【1年間費用2018】はいかがでしたか??
備えあれば憂いなしといいますが、まさにその通りだと思います。事前にどれだけ準備するかで、現地到着後の選択肢が広がります。

 

出来る限りしっかり準備をしてニュージーランド生活を満喫して頂ければと思います。
また私TATSUはニュージーランド在住ですので、わからないことがあればいつでもお問合わせくださいね。

 

ニュージーランドKIWI ワーホリ・語学留学【語学力向上目安と学校都市別一覧】

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る