ニュージーランドKIWI ワーキングホリデー【体験談まとめ】 

 

Kia Ora!

 

こんにちは!ニュージーランド在住のTATSUです。

 

ここでは元海外生活カウンセラーの経験を活かして、
皆さんの『ワーホリに対する悩み』を解消する記事を書いています。

 

ニュージーランドワーキングホリデーを検討している方々に向けて、ワーホリの先輩たちの体験談をまとめてご紹介しています。

 

以下の方、是非必見です!

 

『ワーキングホリデーについてもっと知りたい』
『ニュージーランドについてもっと知りたい』
『英語が話せない・・・』
『語学学校ってどんな感じ??』
『帰国後とかどうしてるの?』
『女子一人でも大丈夫かな・・』
『現在30歳でギリホリを考えている・・』

 

それではご紹介していきますよ~!

 

 

ニュージーランドKIWI ワーキングホリデー【体験談まとめ】: お悩み別

 

 

ワーホリ決断まで・・

【25歳 こーたさん】

就職3年を節目に、自分の本当にやりたいこと、可能性を見つけたい!
就職して3年。仕事・プライベート共に大きな問題もなく、普通に過ごしていました。しかし、特にやりたい仕事だったわけでもなく、一生この会社で・・とはこれっぽっちも思えていませんでした。そこで以前から気になっていたワーホリから帰国した幼馴染が、英語を話せるようになって帰ってきてカッコイイ!と思いました。

 

ちょうど就職して3年の節目を迎える頃だったので、これを機に、新しい自分を作りに海外に挑戦しようと決めました。

 

【23歳 みゆきさん

悩んで模索した1年間!
大学4年生の時、ワーホリか就職かですごく悩みました。今、思えば気持ちはワーホリだったんだと思います。でも新卒で就職しないのは親に申し訳ないという気持ちが強かったので、どちらかというと親のために就職を選びました。

 

就職して1年が、私はまだワーホリを考えていました。こんな気持ちで30歳を迎えたくない、後悔するのはあきらかでした。そこで思い切って両親の大反対を押し切り渡航を決断。それから多くのブログや体験談をみて、一番自然がきれいでのんびりしてそうなニュージーランドに決めました。日本の忙しい生活から一度離れて生活してみたかったとういうのも国を決めた理由の一つですね

 

ニュージーランドでの生活

 

 

【28歳 えりかさん】

私のお気に入りクライストチャーチ
カナダワーホリ1年間経験者です。カナダと比べるとNZは全体的にのんびりしてるなと感じます。例えばカナダのトロントであれば家探しはつねに競争みたいで、情報見つけ連絡しても借りてが決まってしまっているというのがほとんどでした。

 

NZでは、NZ大好きという日本人向けの現地情報サイトがありとても役立ちます。私はクライストチャーチ在住ですが、家は探しやすし治安もいいので、ここでの生活はとても気に入っています。特に休日の市内カフェ巡りが大好きで、バスに少しのればビーチにも出ることができます。

 

ロトルア、クイーンズタウン、そしてクライストチャーチと住みましたが、今のところクライストチャーチが一番お気に入りです。

 

 

ニュージーランドで働く

 

 

【24歳 るいさん】

寛容的な国ニュージーランド
今は、エクステンションビザ(ワーホリ後)で働いています。ニュージーランドに来る前、日本ではとても忙しく働いていたように感じます。NZは日本と比べるとオーバーワークがなく、仕事後も自分の時間がちゃんとあるのがすごくいいですね。休みもとりやすく、家族や友人が来てくれた時に1か月休みをもらって国内を観光してまわったりと休暇に対して寛容的だなと感じます。

 

 

語学学校で英語を学ぶ

 

 

【27歳 なりさん】

海外に近づいた瞬間!
私の場合、ワーホリに行くことは決めてましたが出発前英語が不安で仕方ありませんでした。なのでワーホリ前にフィリピン12週間の語学留学をしました。家や仕事探しの心配がなかったので語学勉強に専念できたのがよかったです。冬休み時期だったこともあってか、大学生ぐらいの年下の子がおおかったように感じます。アジア人が多く、中にはスペイン人やヨーロッパからの友達も少数いました。学校敷地内に寮や食堂など全部揃っていたので、学ぶ、遊ぶ、食べるなど友達みんないつも一緒でした。また英語レベルが同じくらいの友達が出来やすいのもいいポイントでしたね。
授業は1対1 時々少人数グループレッスンでした。先生がみんなに質問してくれるので発言しやすく自分の伸ばしたいところが伸ばせました。
3か月後、卒業したときには確実に自分のレベルがあがったことを実感出来ました。まだまだ自信満々ではないけれど、英語からかけ離れてた自分が海外生活に近づいた瞬間だったと思います。

 

【26歳 あつしさん】

貴重な経験と仲間!
大学生時代に2か月の留学経験がありましたが、だいぶ時間も経っていたのでNZ到着後、語学学校に入りグループレッスンを受けました。レベルテストを受け、僕は文法がよかったために、レベルの高いクラスに入りました。南米の人達が多くて、文法はあまりできないけど会話レベルは僕よりめちゃくちゃ高かったです。同じレベルクラスなのに!と思うほど彼らの会話レベルが高くて正直ひるみました(笑)

 

学校に入った目的の一つは、知らない土地で友達作りが目的でした。友人は沢山できました!日本人の友達が半数ですが(笑)
でも日本の友達がたくさんできたことはよかったと思ってます!一緒に出掛けたり海外生活の悩みをシェアしたり帰国した今もみんな仲いいので貴重な出会いをしたと感じています。海外のことを語り合える仲間ってそんな簡単に日本じゃ出会えませんからね。

 

 

 

 

女子一人旅

 

 

【25歳 めぐみさん】

一人でも大丈夫です!
正直、女子一人旅でも治安がいいのであまり心配することがありませんでした。もちろん事前にバスや宿を予約したりはしましたけどね。

 

 

30歳、ギリホリ

 

 

【29歳 けいこさん】

元旦に決意!
元々海外に興味はあって、年に一度くらいで旅行は行ってました。27歳の時に従姉妹がオーストラリアにワーホリへいったことから、その存在を知りました。行きたいと思いつつも行ける状況ではなく、決断までは至らず数年が経ちました。そして29歳の元旦でした。年齢的なワーホリの制限を考え、ラストチャンスだ、1年後に行こう!決断しました。今後行きたくても年齢的に行けなくなるくらいならがっつり行こう、これまでのキャリアも捨てて、思い切って行こうと思い決めたのが私のギリホリの決断した瞬間でしたね。

 

 

 

 

帰国後など

 

 

【26歳 みわさん】

人生が変わった、私のニュージーワーホリ!

 

ワーキングホリデーに行く前、私はいたって普通、もしくは少し暗い方だったかもしれません。どこかまわりにバカにされているような気持ちも感じていた私は、自信もなく変わりたいと思っていました。ニュージーランド1年間の生活を通して自信もつき、だいぶ明るくなれたと思います。以前は消極的だった私が、今では自分で積極的だなと感じるようになりました。

 

それもこれも、ニュージーランドでユースホステルのようなとこでシェアルーム生活したことだったり、現地出会った各国のお友達と旅行にでかけたり踊ったり全ての出会いに感謝です。

 

現在は職業もがらりと変え、営業系の仕事で人と話す仕事で頑張っています。

 

今後も、諦めることなく様々なことに自分のペースで挑戦していく人生を歩んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

ニュージーランドKIWI ワーキングホリデー【体験談まとめ】いかがでしたか?

 

ワーホリに行くことをあらかた決めていても初めてのことですから悩む方も多いでしょう。

 

各カテゴリ別の体験談を見て更なるワーキングホリデーのイメージや、自分の目指す海外生活のイメージを見つけて頂けたなら嬉しく思います。

 

 

また私はニュージーランド在住ですので、お気軽にお問合わせいただければと思います。

 

人生一度きりですので、後悔のないようにしたいものですね。

 

NZワーキングホリデー予算に関しては
ニュージーランドKIWI ワーキングホリデー【1年間費用2018】

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る