インド バックパッカーTATSUブログ④|マハーバリプラム 【ヒンドゥー教の神々とガネーシャ】

 

ヒンドゥー教の神々とガネーシャ

前回の続き

 

 

え、えっ、、、

 

それで、シヴァ神サティーを失って
アホになって、亡きサティーを連れて

 

旅しては破壊し、破壊しては旅したのはわかった!

 

それでもって、えっとなんだっけ
ヴィシュヌ神!がサティーを切り刻んで
破片になっちゃって、その破片の散った土地は聖地となり女神となった。

 

だよね??

 

で、その女神の人が
ヒマラヤ神の娘、パールヴァティーとして生まれ変わった・・・

 

おっけー、、、

 

で、ゾウさん!

 

あんたの自己紹介だったはずだけど・・・
どこにも出てこないじゃない!!(笑)

 

シヴァ神の嫁、パールヴァティーの息子だって言ったじゃん!
でもゾウさんどう見ても、見た目ゾウだし・・・

 

俺のこと、からかってる??(笑)

 

 

『まあまあ、話は最後まで聞くもんだぞ小僧』

 

だからそれでシヴァ神とパールヴァティーはめでたく一緒になったんだがな、、

 

 

 

寂しがり屋のパールヴァティー
シヴァ神の留守中に寂しいので
子供を作ろうと思った

 

パールヴァティーは体の汚れを集めて
人形を作って、そして命を吹き込んだ

 

その子の名が
ガネーシャ』だ!(つまり俺)

 

母ちゃん(パールヴァーティー))は、
風呂に入るとき、俺に見張りをさせた

 

俺が見張りをしていると
あやしい奴(シヴァ神)がやってきた

 

 

そいつはこんな感じだった

 

俺はそれが父ちゃん(シヴァ神)の顔を知らなかったから
母ちゃんの言ったとおりに誰も中には入れなかった

 

俺は単純に母ちゃんの命令を守ろうとしたんだ

 

そしたら親父のやろう、俺のこと息子と知らずに
俺の頭を切り落としたんだよ・・・

 

そりゃもう痛いなんてもんじゃなかったさ・・

 

 

そして、母ちゃんから俺が息子だと知った父ちゃんは、
投げ捨てた俺の頭を探しに、西へ、西へと旅に出るが
結局俺の頭は見つからなかった・・・

 

そこで、アイデアを閃いた父ちゃんは
帰り道の森で見つけた象の頭を持って帰って
俺の身体に取りつけて俺を甦らせたんだ

 

いい親父だろっ!

 

 

いい親父なのか・・・

 

息子の頭を切りおとして、勘違いだったのはまだしも
何で象なんだよ!!(笑)

 

 

まあまあゾウさん話はわかったよ
いい話?をありがとねー!!

 

 

 

と、このゾウさんを作ったRani Arts Workのラニさん

 


左の人は、お隣の店の同じく彫刻アーティスト

 


マハーバリプラムには4日間ほど滞在しましたが
内2日分くらいはラニさんのお店で、作品作りをひたすら見させてもらったり
お弁当持ってて一緒に食べたり(邪魔。笑)
本当にお世話になりました。

 

マハーバリプラムに行かれる際は、
是非尋ねてみてください!

 

魂のこもった作品に、
あなたも惚れることでしょう

 

 

10~13年の修業期間を経て
ようやくここまで来れたとのことでした

 

さて、まだマハーバリプラムの魅力はもう少し続きますよ!

 

今度は少し海辺エリアはフィッシャーマンビレッジです
場所は、観光エリアの中心から5分ほど海に抜けたところで

 

海岸寺院も望める少しディープで素敵なところです

 

僕が滞在していた宿もすぐ海の近くなんですよ~!

 


海の目の前!

 


全体的にラスタカラーで

 


何より安い(笑) 600ルピー(約900円)

 

 

 

しかも更には、
予算がマジでなかった僕は
『掃除するから安くして!』

 

と無理いって更に安くあげてもらいました(笑)

 


宿で出会った兄ちゃんが
『おい~なんだよボロボロじゃんか~!』

 

って僕の宝の世界地図を
テープで補強してくれました!

 

オーストラリアで購入(12ドル?)
して数年経ちますが、
今でも宝物として大切に使っています。

 

 

さて、
おじちゃん達とカードゲームして遊んだり

 


安飯死ぬほど食べたり

 

※インド行ったらコーラ飲むのおすすめです
多少スパイス効きすぎたの食べても、腸を掃除してくれる作用があるようです。
僕はとりあえずこれを続けてなんとか生き抜きました!(笑)

 

 

楽しかったな~!!!

 

 

 

この後、僕の伝説の
『やばーい、カルチャーショックきた、カルチャーショックきたー事件』が起こります(笑)

 

続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る