インド バックパッカーブログ①【6週間旅の記憶とカルチャーショック】 

読者の皆さん、こんにちはTATSUです。

 

ここでは私が初めて『バックパッカーの聖地インド』を訪れた際の記事を12話に渡って書いています。

 

・『初めてのインドだけど、期間はどれくらいがいいの?!』
・『一週間や二週間でもインドはいける?!最低一か月は必要?!』
・『インド印象的な話が聞きたい』
・『女子一人でのバックパッカーで不安、少しでも現地情報を知っておきたい』
・『現地で注意すべきトラブルは?!』
・『予算はどれくらい必要?!』
・『おすすめのルートは?!』 なんて方、必見です。

 

 

旅のテーマ【貧乏インド3/4周 人々との触れ合い、ローカル生活編】
難易度 ☆☆☆

 

予算6万円で6週間のインド旅

正直(ハイシーズン)6週間でこの予算は、本当に余裕がありませんでした!
※貧乏旅する魅力は確実にありますが、この広いインドで行ける場所、選択肢を増やすなら
予算は多めにあったほうが断然いいかなと思います。(笑)

 

予防接種は打ちませんでした
※インド渡航の際は、予防接種証明書(イエローカード)なしで入国出来ますが、基本的には予防接種が強くすすめられています。

 

以下の種類の予防接種がインド渡航に備えてすすめられています。

 

◆A型肝炎  強く接種勧められている
◇腸チフス  強く接種勧められている
◆狂犬病   目的地や目的によって検討すべきもの
◇B型肝炎  目的地や目的によって検討すべきもの
◆破傷風   目的地や目的によって検討すべきもの
◇日本脳炎  目的地や目的によって検討すべきもの

 

当時、恐ろしいことに海外旅行保険にも加入していませんでした。
※なにかあってからでは遅いです。
せめてクレジットカード付帯の保険にだけでも加入はしておくようにしましょう。
(クレジットカードは数枚持っておいたほうがよいですね。)

 

 

ビザの種類

私の場合、【ツーリストビザ・シングルエントリー】をオーストラリアから申請しました。
証明写真やらパスポート郵送などなど、日本で申請するよりも数倍手間も時間もかかって大変です。

 

日本で申請できるチャンスがある方は、日本から申請したほうがよさそうです。

 

 

 

持ち物(服装)

私の場合は、インドの後、スペインへの渡航する予定だったので、荷物の大半は予め船で送っておきました。以下の荷物はインド旅に持っていた荷物の一覧です。

 

・Dannerのブーツ

長年どこへ旅するにも履いてきた相方。 

 

・サンダル

 

・下着 靴下、パンツ 各3セットずつ ※シャワーを浴びるときなどに豆に洗濯するなら十分足りますが、余裕をもって多少多めに準備することをおすすめします(笑)

 

・Tシャツ(シャツ)3枚 
※こちらも下着と同様、3枚あれば間に合いますが、洗濯や買い足しを避けたいなら少し余分にもっているといいですね。

 

・長ズボン 1枚 
Quicksilverのお気に入りだったパンツ、数時間外に干していたら盗まれました(泣)

 

・半ズボン 1枚 
暖かい時期に行くなら乾きやすい水着系のものだと楽だと思います。

 

・上着(ジャンパー) 1枚

 

・カーディガン 1枚 
さっと羽織れるものが一枚あると便利

 

・ニット帽 1個 

 

【貴重品】

・パスポート
・財布
・サングラス
・リュックサック
・ノートパソコン
・カメラ
・携帯
・ハードドライブ

これもまたお気に入りの旅アイテムの一つ。
コスパが高いおすすめの一つ、10000mAhもあるのにお手頃の値段。 

 

その他、小物

・紙と鉛筆
アイデアを書いたり、人に道を尋ねるときなど旅中あると何かと便利☆

 

・歯磨きセット
・変換プラグ

 

インドではプラグB3で僕はやり過ごしましたが、ヨーロッパでも広く使われているCタイプや他にもB・BFなども使われていてちょっと面倒。今後も旅や海外旅行の予定がある方は、いっその事マルチタイプを持っておくと便利だと思います。

 

・洗濯物干しロープ(盗まれた。泣)
・洗濯粉
・世界地図
オーストラリアで買って、皆で世界を眺めては酒を呑み、そして見知らぬインドの青年がテープで補強してくれたりと最も思い出深い旅のアイテムの一つ。

 

・虫よけスプレー
・下痢止め薬
・虫よけカード(現地で購入しました。薬剤の染み込んだカード、あぶられた煙に効力あり)

 

 

 

旅ルート (6週間)  2014/12/16 - 2015/01/28

旅のルート

 

【興味ある人気な旅先】+【観光客もいないような本当の田舎】

 

泊めてくれるホストが見つかれば民泊(カウチサーフィン)、そうでない場所は安宿のホステルを利用しました。

 

 

 


Chennai(チェンナイ)      
  2014/12/16 -2014/12/19

 

Mahabalipuram(マハーバリプラム)
2014/12/19 -2014/12/21

 

Tiruvannamalai(ティルヴァンナーマライ)
2014/12/21 -2014/12/24

 

Mysore(マイソール) 
2014/12/24 -2014/12/26

 

⇒Bengaluru(バンガロール) 
 2014/12/26バス乗換のみ

 

Hampi(ハンピ)
  2014/12/26 -2014/12/30

 

Goa(ゴア)
 2014/12/30 -2015/01/12

 

Mumbai(ムンバイ/ボンベイ)
2015/01/12 -2015/01/14

 

Jaipur(ジャイプール)
 2015/01/14 -2015/01/26

 

Agra(アグラ)
   2015/01/26 - 2015/01/28

 

⇒Shimla(シムラ)の予定が体調不良により中止

 

⇒ New Delhi(ニューデリー)2015/01/28

 

⇒ロシアを経由してスペインへ

 

 

南東部の大都市チェンナイの空港からニューデリーの空港目指して
時計回りでインドを3/4周するようなイメージですね

 

気に入った場所や居心地のいい場所には1週間など長く滞在しました。
あとは基本的に2,3日滞在しては移動といった形です

 

このインドの旅では、現地の人々と生活したためか
旅人して相当鍛えられたと思います。

 

大抵の国では動じなくなりましたね(笑)

 

 

 

宿泊先

インドでは観光客の訪れないような小さな村以外は、ホテルや安宿が存在します。
客引きが至る所に居て、初めは楽しいが、慣れるとウザく感じてくるかもしれません(笑)

 

宿泊方法
30%  カウチサーフィン
30%  安宿(たまに掃除などを提供する代わりに宿代を安くしてもらう交渉)
30%  部屋を借りる(現地で出会ったスペイン人の友人とルームシェア)
10%  ホテル(後半のんびりしたかったので、安宿とほぼ同価格のホテルを見つけて滞在)

 

 

 

さて、おおまかな詳細はこの辺にして、
ここから旅の様子をリポートしていきます。

 

 

⇒インド バックパッカーTATSUブログ②【洗礼を受けた国】


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る