【スペイン/グラナダ】元居住者おすすめの7つの宿

アルハンブラ宮殿などで人気の街、グラナダ/スペイン。

 

今回は、アンダルシア地方の中でも最も歴史あり雰囲気あると云われるグラナダに旅行や滞在をされる方へエリア別におすすめのホテルをまとめていきます。

 

 

スペイン|アンダルシア州グラナダ


photo: Bert Kaufmann

 

今でこそ懐かしの街となりましたが、以前私は世界各地を転々としながら、ここスペインはグラナダに暮らしていた時期がありました。グラナダの魅力にすっかり魅了された私は予定にもなく気付けば1年近くグラナダに暮らしていたのです。

 

さて話が逸れつつあるのでここからグラナダの宿案内に戻りますね(^_^)

 

こちらグラナダの主要部の地図となります。以下(見れますかね?)

 

グラナダの地図

 

地図をみてもグラナダ初訪問の方にはさっぱりなんぞやって感じですよね(;・∀・)

 

グラナダのおすすめ宿と名所ご案内前にグラナダの歴史を簡単にまとめてみました。
(背景知識が少しあるとグラナダがより楽しめますよ!)

 

グラナダを1分でまとめる歴史

スペインをイメージすると、カトリック教色が強い印象を持つ人も多いでしょう。

 

それではなぜ、グラナダの一番の観光名所はアラブ様式で建てられたアルハンブラ宮殿なのか?

 

どのようにしてグラナダにイスラム王国の象徴である美しい宮殿が建設されることになったのでしょう、、。

 

↓↓↓
800年ほど前のお話。

 

かつてグラナダは約250年間(1238-1492)ナスル朝グラナダ王国でした。グラナダ(王国は)、イベリア半島最後のイスラム王朝だったのです。

 

1232年、現在のアンダルシア地方を支配していたムハンマド王は、1238年にグラナダにナスル朝を建国しました。ムハンマドはカスティリャ王国(当時のスペイン)のフェルナンド3世と条約を結び、カスティーリャに臣従して貢納する代わりに、グラナダ、マラガ、アルメリアを保有することを許されたのでした。

 

アルハンブラ宮殿は、ナスル朝時代に建てられたもので、イスラム建築の最高傑作と評価されています。

 

15世紀末になると、カスティーリャ王国とアラゴン王国が連合王国となり、ナスル朝を滅ぼします。

 

こうして現在もグラナダだけでなくアンダルシア地方の様々な地方にはイスラム様式の宮殿であったり建造物が残されているのです。

 

どうでしょう?簡単な説明ではありましたが伝わりましたかね?

 

Image result for andalusia islam
quotes:islamic-arts.org

 

グラナダの観光みどころ

アルハンブラ宮殿(Alhambra)

 

 

グラナダを訪れるなら必ず行きたいのがアルハンブラ宮殿ですね。アルハンブラ宮殿は世界遺産としても登録されています。

 

「赤い丘」と呼ばれる丘に建てられた宮殿で、グラナダの歴代の王が住んでいました。王宮だけでなく中庭やパティオと呼ばれる大理石の柱で支えられた空間が見事な美しさを誇ります。入るには入場チケットが必要です。さらにとても広いのでしっかり見て回ると4時間以上かかってしまいます。スケジュールは1日空けておくのがおすすめです。

 

アルハンブラ宮殿入場 チケット事前予約<日本語オーディオガイド付き/午前・午後>

 

アルハンブラ宮殿の入場券と、2日間利用可能な日本語オーディオガイドの事前予約サービスです。日本語対応オフィスでグラナダの情報とともに受け取り可能!オーディオガイドは宮殿を含めた全145箇所を収録しているので、グラナダ滞在を充実させられます♪

 

グラナダ大聖堂(Catedral de Granada)


photo:SaraAmaro

 

見どころの一つ、グラナダ大聖堂。正式名称はカテドラル・サンタ・マリア・デ・ラ・エンカナシオン。

 

約180年の歳月をかけて建てられた大聖堂で威厳を感じます。

 

元はゴシック様式で建築が進められていたそうですが、途中建築家が変わったことでルネサンス様式に変更されたようです。そのため2つの様式が混ざった建物となっています。

 

 

カルデレリア ヌエバ通り(Caldereria Nueva)


Martin Furtschegger [CC BY3.0]

別名アラブ街とも呼ばれている通りで、モロッコはマラケシュのような雰囲気を感じられます。

 

 

アルバイシン地区(Albayzin)

個人的に是非とおすすめしたいのがアルバイシン地区です。アルバイシンの丘は世界遺産にも登録されていてグラナダの街を一気に見渡すことができます。またアルバイシン地区には画家やアーティストが沢山住んでいることもあり、ディープなグラナダを垣間見ることができますよ。

 

 

 

グラナダの宿おすすめ

それでは今記事のメインとなります。あなたの旅の趣向に合わせて二つのエリアにわけてご紹介していきますね!

 

グラナダの街中心|セントロ

旅行するならやっぱり便利な場所がいい!そんなあなたにはセントロがいいですね。このエリアにはグラナダ大聖堂があり、どこへ行くにも便利です。アルハンブラ宮殿も徒歩圏内で万人におすすめできるエリアです。

 

カサ パラシオ ピラール デル トロ(Casa Palacio Pilar del Toro)

【スペイン/グラナダ】元居住者おすすめの7つの宿
 引用:www.booking.com//

 

カサ パラシオ ピラール デル トロはこんなあなたにおすすめ
①とにかく観光に便利なロケーション
②広い部屋に泊まりたい
③お手頃価格

 

カサ パラシオ ピラール デル トロは、グラナダの旧市街に建つ17世紀の大邸宅を改装した宿泊施設です。魅力的な中庭(パティオ)があります。

 

客室は、土器質タイルとダークウッドの家具を取り入れた伝統的なスタイルで、エアコンと専用バスルーム(ヘアドライヤー付)が備わります。

 

カサ パラシオ ピラール デル トロのレストランは高品質のアンダルシア料理と自家製デザートを提供しています。

 

わずか50m先に観光案内所があり、アラブ式風呂まで100m、グラナダの象徴的なアルハンブラ宮殿まで徒歩10分です。

 

ユーロスターズ グラン ビア(Eurostars Gran Via)

【スペイン/グラナダ】元居住者おすすめの7つの宿


引用:www.booking.com//

ユーロスターズ グラン ビアはこんなあなたにおすすめ


①市内もろ中心
②☆☆☆☆☆ 5つ星ホテル  
③アルハンブラ宮殿の夜景が望める

 

スタイリッシュなユーロスターズグランビアはグラナダ中心部のグランビア・デ・コロン通り沿いにある19世紀の建物内に位置します。スパエリア(トルコ式バス、マッサージルーム、様々なトリートメントあり)を併設しています。

 

広々とした客室はモダンな内装で、広い専用バスルーム、エアコンが備わっています。

 

屋上テラスからはアルハンブラ宮殿、大聖堂、シエラ・ネバダなど市街の素晴らしい景色を見渡せます。

 

グラナダ大聖堂からわずか100m、ユネスコ世界遺産の有名なアルバイシンから徒歩10分以内、グラナダ空港から約15kmです。

 

グラナダ ファイブ センス ルーム&スイート(Granada Five Senses Rooms & Suites)

【スペイン/グラナダ】元居住者おすすめの7つの宿
引用:www.booking.com//

 

グラナダ ファイブ センス ルーム&スイートはこんなあなたにおすすめ
①モダンな造りで清潔
②コスパが非常にいい
③便利なロケーション

 

グラナダ中心部のグランビア通りに位置し、グラナダ大聖堂からわずか200m、歴史的な市内中心部と大聖堂の景色を望む屋外プールを併設しています。

 

美しいアルバイシン地区まで400m、アルハンブラ宮殿まで徒歩25分またはバスで10分です。グランビアのバス停からグラナダ空港へ直通でアクセスできます。

 

無料のインターネットコーナー、テレビラウンジを提供しています。24時間対応のフロントでは、観光案内やアルハンブラのチケット予約を行っています。敷地内でスパ、ソラリウム、美容トリートメント、美容院を利用できます。

 

 

アルバイシン地区

この地区は個人的に大好きなエリアで私がグラナダに住んでいるときはほぼ毎日のようにアルバイシンの景色を眺めに丘を登っていました。歴史や少しディープなグラナダを肌で感じたい方や、アートや写真が好きな方にもおすすめですね。

 

ホテル サンタ イザベル ラ レアル(Hotel Santa Isabel La Real)

【スペイン/グラナダ】元居住者おすすめの7つの宿


引用:www.booking.com//

 

ホテル サンタ イザベル ラ レアルはこんなあなたにおすすめ


①アルバイシン地区の中でも素敵なエリア
②アルハンブラ宮殿が望めるサン・ニコラス展望台がすぐ近く
③歴史が感じられる雰囲気のある宿

 

グラナダの旧市街に位置する魅力的なホテルで、美しい歴史的なタウンハウスを改装して利用しています。

 

アルハンブラの素晴らしい景色を望む宿泊施設で、グラナダ特有の白塗りの家、曲がりくねった通りや広場を歩いてゆっくり散策するのに最適な拠点です。本格的なアンダルシア風の建物を利用しており、併設テラスではくつろぎながら友人と語らいのひとときを過ごせます。暑い夏には中庭で涼むこともできます。

 

鮮やかな色合いで、伝統的なアンダルシア様式の家具が備わる美しいサンタ イザベル ラ レアルの客室は、午後のシエスタに最適です。

 

ホテル プラサ ヌエバ(Hotel Plaza Nueva)

【スペイン/グラナダ】元居住者おすすめの7つの宿


引用:www.booking.com//

ホテル プラサ ヌエバはこんなあなたにおすすめ


①歴史あるアルバイシン地区に宿泊したい
②でも観光に便利なほうがいい
③コスパも重視したい

 

ホテル プラサ ヌエバはグラナダ中心部のヌエバ広場に位置し、すぐ近くにアルハンブラや素晴らしいアルバイシン地区があります。

 

併設のRenwal Hallで毎日ビュッフェ式朝食を提供しています。数多くのタパスバー、レストラン、ショップが徒歩2分圏内にあります。

 

川沿いの2つの美しい小道、カレラ・デル・ダロおよびパセオ・デ・ロス・トリステからもすぐのロケーションです。

 

 

シャイン アルバイシン(Shine Albayzín)

【スペイン/グラナダ】元居住者おすすめの7つの宿
引用:www.booking.com//

シャイン アルバイシンはこんなあなたにおすすめ
①歴史あるアルバイシン地区に宿泊したい
②親切なスタッフ
③居心地の良さ

 

シャインアルバイシンは、グラナダのカレラ・デル・ダロ通りに建つ16世紀の宮殿を利用したデザインホテルです。お部屋はすべてエアコン付きで、スタイリッシュな内装が施されています。

 

典型的なグラナダ様式のパティオを囲むように位置しています。スーペリアルームからはアルハンブラ宮殿とダロ川の景色を望めます。全室にミニバーとセーフティボックスが備わっています。

 

パティオでは午後に無料のお茶やケーキを提供しており、魅力的なラウンジとしても利用できます。全てのフロアにエレベーターでアクセス可能です。

 

フロントスタッフがアルハンブラ宮殿のガイドツアー、フラメンコショーやトルコ式バスのチケット、その他アクティビティ各種の手配を行っています。荷物預かり、ランドリーサービスも利用できます。

 

グラナダ大聖堂まで徒歩約5分、ヌエバ広場までわずか50mです。 無料Wi-Fiを提供しています。

 

 

特別版・アルハンブラ宮殿に泊まりたい方

特別枠で贅沢にもあのアルハンブラ宮殿に宿泊したい方のために最後に1件ご紹介します。一生に一度でも王宮気分を味わってみたいのは私だけではきっとないでしょう。

 

パラドール デ グラナダ(Parador de Granada)

【スペイン/グラナダ】元居住者おすすめの7つの宿
引用:www.booking.com//

 

パラドール デ グラナダはこんな方におすすめです
①アルハンブラ宮殿に宿泊したいかた
②アルハンブラ宮殿をたっぷりと堪能したい方
③宮殿で最高な食事を楽しみたい方

 

パラドールデグラナダはアルハンブラ宮殿の敷地内という美しいロケーションです。15世紀の旧修道院を利用した豪華なホテルで、人気のレストランを併設しています。

 

レストランでは伝統的なアンダルシア料理を提供しており、アルハンブラ宮殿の庭園を見渡せるテラスがあります。伝統的なつくりのパティオでドリンクも楽しめます。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

グラナダ観光でアルハンブラ宮殿訪問は欠かせないとは思いますが、歴史あるグラナダでの宿泊先も同じように大切な旅行の色添えに工夫して頂ければと思います。

 

宗教背景や歴史と景観が調和したグラナダを肌で是非感じてきてくださいね(^^)v

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る