【メルズーガ(Merzouga)】 モロッコ砂漠の旅/ツアー

砂漠の街|メルズーガ(Merzouga)

『砂漠』と聞いて、無限の砂丘やラクダを引き連れたキャラバンが行き交うイメージしませんか?

 

サハラ砂漠の代表的な砂丘として、『シェガガ砂丘』と『シェビ砂丘』があり、そのうちシェビ砂丘を縁取るようにメルズーガという村があります。

 

「メルズーガを訪れずしてモロッコの旅はない」と言いたいほどおすすめの場所です。

 

メルズーガを訪れるなら、是非砂漠ツアーに参加してほしいと思います。

 

 

メルズーガの位置(地図)

 

メルズーガはモロッコの中央部東側に位置します。そのためマラケシュやフェズなどの都市近くにないため、ついでに訪問するというのは難しいです。砂漠をその目で見たい方、メルズーガを訪れるなら予め旅程を計画的に組む必要が出てきます。

 

メルズーガ|天気と気温

 

砂漠の街メルズーガを訪れるのはいつが最適か?

 

・【最もおすすめな時期】は、3~5、10~11月です。この期間はほぼ毎日良い天気が続き、気温も最適となります。
・【暑い季節】:5月頃がら気温が上昇し9月までは夏となります。7、8月は日中40度を超えることも珍しくなく特に8月は最も暑くなります。
・【寒い季節】: 1、2月は、太陽が沈むと5度近くまで冷え込みます。日中は10度前後ありますが、砂漠で一夜を過ごすのであれば服装対策が必要です。

 

※11月は年間で一番雨の多い月となりますが、雨日は月に5日間程度のなので日本の梅雨のような毎日雨続きというほどではありません。

 

 

メルズーガ|行き方

 

メルズーガは人気都市マラケシュから560㎞東にあります。
いずれの都市からも移動方法はバス(日中もしくは夜行バス)が主流となります。

 

※飛行機については項目の最後に書いています。

 

モロッコのバス事情

モロッコ国内では、「CTM」 と「Supratours」 の2社が観光用に長距離運航を運営しています。
どちらもサービス・料金に大差はありませんが、行き先や時間帯で使い分けると便利です。

 

また、こちら2社以外にローカルバスも出ていますが、時間の不正確さとインターネットで事前に詳しい内容を確認できないので、短期旅行などの観光者には不向きです。

 

【マラケシュ⇒メルズーガ】
・バス 8:30発・21:00着が毎日運航されています。 
バス会社名「Supratours」 運賃 240dh  

 

※最新の情報を更新するように心がけておりますが、ご利用の際は事前に各自で確認するようにお願い致します。

 

【フェズ⇒メルズーガ】
・バス 20:30発・6:30着が毎日運航されています。 
バス会社名「Supratours」 運賃 200dh

 

※最新の情報を更新するように心がけておりますが、ご利用の際は事前に各自で確認するようにお願い致します。

 

【ワルザザード⇒メルズーガ】
・バス 13:00発・21:00着が毎日運航されています。 
バス会社名「Supratours」 運賃 155dh

 

※最新の情報を更新するように心がけておりますが、ご利用の際は事前に各自で確認するようにお願い致します。

 

 

飛行機で飛ぶ|マラケシュ⇒メルズーガ

 

旅程や体力を考慮して、バスの長距離移動を避けたい方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな場合は、飛行機を利用する方法があります。

 

とはいえ、メルズーガに空港はありませんので最寄りのエルラシディア(Errachidia)「Moulay Ali Cherif Airport」へ「 RoyalAirMaroc航空会社」を使って飛んでください。

 

空港からはタクシーもしくはバスでメルズーガへ向かうことになります(所要時間約2時間)

 

基本カサブランカで乗り継ぎとなり、フライトの待ち時間によって所要時間が変わります。

 

 

レンタカーで行くメルズーガ

 

それはメルズーガに限らずモロッコを旅するための選択肢の一つでもあります。

 

車をレンタルして旅するメリットは何より、バススケジュールや停車場所に影響されずに好きな場所に好きなときにいける。また景色がよかったりトイレに行きたいときにいつでも調整がききます。

 

ただ覚えておいてほしいことは、モロッコでは右側運転です。(日本の交通ルールとは反対) 運転に慣れていない方は特に注意が必要です。

 

ルートの事前確認とガソリンのこまめな補給だけは、怠らないように注意が必要です。

 

もしも車のレンタルを検討されている方は、
大手レンタル会社の一括検索サイト「Auto europe」が便利です。(英語)

 

 

 

メルズーガ砂漠ツアーについて

 

砂漠の旅に憧れる人なら一度は訪れたいサハラ砂漠。

 

延々と続く真っ赤な砂丘と無限に広がる星空があなたを待っています。ラクダに跨り、赤い夕陽に照らされた砂丘は見飽きることのない感動の連続です。

 

地球上にこんな静かな場所があったのかと感じるほどの静寂と、月明かりで浮かび上がる砂丘のシルエット。

 

ベルベル人のもてなしによる、サハラ砂漠の大自然で経験するキャンプは一生の財産となるでしょう。

 

ツアーは、日帰り~3泊までお選びいただけます。

 

 

料金相場

一泊の砂漠ツアーの相場は350dh(約4,000円)前後となります。(現地申し込みの場合)

 

旅行代理店などで事前に申し込む場合や旅行会社運営のオプショナルツアーをご利用の場合、料金体系を大きく変わってくる可能性があります。

 

いつ/どこで、砂漠ツアーを申し込むべきか?

一般的な砂漠ツアー参加希望であれば、メルズーガの宿泊先で申し込むのが一番簡単です。おすすめは宿の予約を事前にしておくことです。

 

宿を事前予約する=【ツアー申込は現地到着後で安心】+【ホテルスタッフがバスまで迎えにくる】

 

またマラケシュ発のツアーや、こだわりのオプショナルツアー(バギーバイクなど)は事前に申し込みをしておくようにしましょう。(以下のようなツアーが運営されています。)

 

マラケシュ発メルズーガ行きの3日間の砂漠ツアー

 

MerzougaのErg Chebbiでのバギーバイク

 

 

 

 

メルズーガの人気ホテル(宿)

 

砂漠を縁取る小さなメルズーガの村ですが、
【住宅エリア】と【砂漠ホテルエリア】が存在します。

 

サハラ砂漠を目的にメルズーガを訪れるのですから、ホテルは砂漠まで簡単に散歩できる位置がいいですよね。
ツアー参加前の時間を使って、砂漠でサンドスキーなどを楽しむことも出来ますよ。

 

というわけで

砂漠と隣接したホテル|日本人に人気の宿

 

 

 

Kasbah Hotel Tombouctou
(カスバ ホテル トンブクトゥ)

Kasbah Hotel Tombouctou(カスバ ホテル トンブクトゥ)

 

国際色豊かな客層に人気の宿。ホテル内・客室共に内装にこだわっていてエキゾチックな雰囲気が楽しめます。
素晴らしいロケーションと親切なスタッフ。これ以上に求めるものはないというほどの豪華さが自慢のホテル。

 

ランキング一位の理由は、もちろんエキゾチックな内装です。一生に一度は泊まりたいホテル。

 

※売り切れ御免状態も珍しくないホテルです。

 

 

 

LAuberge Oasis
(オアシス)

LAuberge Oasis(オアシス)

 

オーナーのアリさんはユニークな方で日本語が話せます。他のスタッフも皆とても親切なので初めての土地で助かっちゃいますね。日本人のお客さんも多くいらっしゃるので気を休めるには最適。

 

お部屋も広々、シャワーもお湯がちゃんと出ますし到着に合わせて料理も提供してくれるので居心地は最適です。

 

ポイントはオーナーのアリさん、メルズーガ名物といってもいいほどユニークで素敵な方です。

 

 

Yasmina Hotel Merzouga
(ヤスミナ)

Yasmina Hotel Merzouga(ヤスミナ)

 

お部屋ごとに作りを変えているとの噂もあるほど個性的な宿。お部屋は二部屋式の間取りとなっていて、中階段を上れば屋上からは満点の星空と砂漠景色を堪能できます。インテリアがおしゃれでミントティーもサービスで出てきます。

 

またホテル中央にはプールがあって、いつでも楽しめます。

 

こちらも多くの日本人のお客さんに親しまれている宿となります。

 

総合的にバランスの取れた宿、万人におススメ。

 

 

特別賞|Auberge du Sud(オーベルジュ ド スッド)

Auberge du Sud(オーベルジュ ド スッド)

 

砂漠上に建てられているホテルです。

 

このホテルの特徴は「砂漠と共に生きる」というスタイルを感じられるところです。ホテルに入館するにも砂のカーペットを歩いていくほど砂漠と密接しています。

 

スタッフのあまりにも温かい対応にまるで家にいるような安心感。日本の旅行者の方にとても人気です。

 

ワイルドな体験をしたい方におすすめ。

 

 

 

他にも、【RiadMamouche(リヤドマムーシュ)】や【AubergeWildernessLodge(ワイルダーネスロッジ)】も人気があります、よければ合わせてチェックしてみてください。

 

 

 

いざサハラ砂漠・シェビ砂丘へ

 

ラクダに乗るのは初めての方がほとんどかと思いますが、大丈夫です。現地のベルベル族のガイドさんが安全にラクダの乗り方を教えてくれます。それに本当にすぐに慣れますよ。

 

※ラクダに乗っている間にサングラスや帽子を落としてしまったらガイドさん拾ってもらうように声をかけましょう。勝手にラクダから降りて、自分で飛び乗ろうとすると怒られます!とっても危険だそうです。(実体験より)

 

この砂漠の遠く見つめる先に、エジプトがあるかと思うと砂漠のロマンを感じざるを得ませんね。

 

ちなみに私の大好きな【アルケミスト】では主人公である羊飼いの少年が、このサハラ砂漠を横断してエジプトまで向かうわけなんですね。

 


アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫) [ パウロ・コエーリョ ]

 

 

 

 


photo by Christopher L.

 

そこにあるのは、ただ砂漠と沈みかけた太陽のみ。

 

今日一日に感謝を告げる。

 

 

 


photo bu Miriam Gómez Blanes

 

魔法のようなサンセットの美しさに、全ての時間が止まったかのよう・・・

 

 

 

ベルベル族のキャンプに今夜は宿泊。

 

キャンプの中心で火を焚き、皆でタジンを頂きます。食後にはミントティーを楽しみながら満点の夜空を観察できます。

 

 

今夜は星と共に眠ろう、、。

 

 

 

 

そして、メルズーガ、砂漠のサンライズ

By Elena Tatiana Chis [CC BY-SA 4.0 ], from Wikimedia Commons

 

 

おはよう。もうひと踏ん張りお願いします

 

 

ガイドさんもお疲れさまでした。

 

感動いっぱいの砂漠の旅に感謝感謝です。

 

 

最後に

モロッコを訪れるならば、メルズーガは1番の目的にする価値が十分にあると思います。

 

気候に合わせて服装の準備をしっかりして、是非ツアーに参加してみてください。メルズーガまでの移動はバス、もし時間などの都合がつけにくいならば飛行機も十分にありだと思います。

 

メルズーガでの体験は一生の思い出になることは間違いありません。

 

事前にホテルの予約をおさえることで、ツアーや送迎の心配も補えるので上手に旅の計画を立ててくださいね。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る