【アメリカ】ポートランド観光地(便利な所要時間付き)

【アメリカ/旅行】アメリカ・ポートランド 観光地

アメリカ西海岸の北部オレゴン州にある最大都市「ポートランド」✨✨

 

オレゴン州といえば国立公園など広大な自然というイメージが浮かびますが、それだけでないのがポートランドの魅力です♬♪人口は約60万人ほどの小さな街ですが、洗練されたアートが至るところにあり、オシャレなショップやカフェに豊かな自然を満喫できるアクティビティなど、いまや全米屈指の住みやすい都市・住みたい街として人気が上昇中で、全米住みたい街ランキングで NO.1 に輝くほどです(#^^#)

 

さらに環境に優しい都市として世界中からも評価が高く、他の都市と比べても治安も良さは群を抜いて良いと言われているので友達との旅行はもちろん、一人旅も安心して楽しめます♪♪そして、ポートランドの最大の(?)魅力は何といっても、消費税ゼロなところ!!何を買っても、ポートランドがあるオレゴン州では消費税が一切かかりません( *´艸`)

 

そんな魅力あふれるポートランドの最新観光名所にお土産など、おすすめ情報をご紹介します。

 

 

🍀日本からの行き方🍀
成田空港からデルタ航空の直行便が出ており、約9時間です。

 

🍀日本―ポートランド間の時差 🍀
―16時間(サマータイム:3~11月)
―17時間(11~2月)

 

🍀観光スポット🍀

🌟自然&観光地 🌟
No.1 マウントフッド/Mount Hood

🏠ホームページ:https://www.boston.gov/parks/boston-common

 

ポートランドの街のシンボル「マウント・フッド」✨✨オレゴンの富士山といわれるほど、富士山と標高や形が似ているのだそう・・♪(標高3424m、富士山は3776m)♪ダウンタウンからは少し離れたエリアにあり、車で約1時間半の距離ですが、ポートランドに行くからには是非とも行ってみたい山です(#^^#)

 

マウントフッドには、6つのスキー場があり、その中には、1年中スキーが楽しめるスキー場もあります♪スキー・スノーボードといったウィンタースポーツ以外にも、トレッキング、ジップライン、カヌー、パドルボート、乗馬などのアクティビティも人気があり、1年通していつ行っても、山と共に楽しめるアクティビティが用意されているのも嬉しいポイントです♡

 

 この山には、「ビッグフッド(大きな足)」と呼ばれている雪男が住んでいることでも有名だったりします\(◎o◎)/!そのため、お土産屋さんに行くと、結構沢山このビッグフッドグッズが売られているので、ちょっと変わったお土産にはもってこいかもしれません( *´艸`)

 

公共交通機関でのアクセスは結構不便な為、ポートランド市内発ツアーやレンタカーの利用がおススメです(*^^*)

 

🏠ホームページ:
https://www.mthood.info/
https://www.gousa.jp/destination/mount-hood
https://www.skihood.com/

 

🌷おススメツアーマウントフッド&コロンビア渓谷ツアー<英語ガイド>

⏰所要時間:半日~丸1日

 

<おススメスポット>

〇ティンバーライン・ロッジ/Timberline Lodge

マウント・フッドの中腹、標高 6,000 フィート、マウント・フッドの頂上まで 3.6 マイル(約 5.76 キロ)の地点にある、歴史あるロッジ。

 

1930年代にアメリカを襲った大恐慌でルーズベルト大統領が全米から集めた技術者たちによって1937年に完成したもので、ホラー映画『シャイニング』のロケ地になったことでも有名。年中を通してスノー・スポーツが楽しめます。なお、ティンバーライン・ロッジへの公共交通機関はないので、レンタカー、チャーター、ツアーで行くことになります。

 

🏠Timberline Road, Timberline
(503) 231-5400
http://www.timberlinelodge.com/

 

 

〇ガバメント・キャンプ/Government Camp


EncMstr [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

1849年の冬、米騎馬ライフル銃隊のワゴンが沼地にはまり身動きがとれなった際にここで宿泊したことから、この名前が付けられました。以前は山の中にある小さな村でしたが、今ではアウトドア・アクティビティのメッカで、スキーやスノーボード、クロスカントリーやハイキング、バイキングなどを楽しむ観光客で賑わっています。

 

主なスキー場は、このキャンプサイトを中心とする一帯にあり、ポートランドから日帰りで楽しめるので便利。夏場もプロがトレーニングに訪れる全米屈指のティンバーライン・スキー場や約5キロという驚きの長さのコースとスノーボードの設備が魅力のマウント・フッド・ミードウズ、全米有数の規模を誇るナイトスキーが魅力のマウント・フッド・スキーボウルなど、初心者から上級者まで幅広い層が楽しめるようになっています。

 

🏠http://www.skibowl.com/

 

 

〇トリリアム・レイク/Trillium Lake


Bonnie Moreland

マウントフッドの麓、スキーエリアの中心となるガバメント・キャンプの町から程近いトリリアム・レイク。夏はキャンプやハイキングで人気の湖ですが、冬はクロスカントリー・スキーやスノーシューでのハイキングでにぎわいます。スノーシューなどはガバメント・キャンプのマウントフッド・アドベンチャーでレンタルを。同店は観光案内所も兼ねています。ここで駐車パス 『Sno-Park Parking Permits』 を購入するのを忘れずに。

 

 

〇ワイルドウッド・レクリエーション・サイト/Wildwood Recreation Site


Bureau of Land Management Oregon and Washington from Portland, America [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

サーモン・リバー沿いにある総面積550エーカーの公園。園内には2.5マイル(約4キロ)のトレイルがあり、キャンプ場やピクニック・テーブルがあります。川の中をガラス越しに観察できる場所では、季節によっては鮭の遡上を見ることができます。車椅子でも通行できます。

 

 

〇H フッド・リバー/Hood River


Bala from Seattle, USA [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

マウント・フッドの麓にある、のどかな田舎町。以前はリンゴや梨などの果物の名産地として知られていましたが、今ではコロンビア・リバー・ゴージと呼ばれるコロンビア峡谷の強風を利用したサーフィンのメッカとしても注目を集めています。

 

小さなダウンタウンにはサーファー特有の個性的な店やアメリカ地ビールの人気ブランド『フルセイル』直営のパブがあります。サーフィン後の一杯は最高かも。詳細はこちら。

 

住所 Mt. Hood Information Center
65000 East Highway 26, Welches
電話 (503) 622-4822 / (888) 622-4822
開館時間 24 時間

 

 

 

No.2 マルトノマ滝/ Multnomah Falls


John Fowler

オレゴン州でNO.1アメリカ国内でNO.5の大きさを誇る高さ190mを誇るマルトノマ滝(*^_^*)滝の途中には、橋がかかっていて、子供からシニアまで、誰もが0.3kmほどのミニ・トレッキングを楽しめます♬

 

この橋は、結婚式の撮影スポットとしても人気があります!(^^)!景色を見ると納得の絶景が広がっていますよ~♪また、時間があれば滝の真上までのトレッキングもおすすめです!!約 1.6km のコースで、そこそこの傾斜もありますが、気候がよければ子供連れでも登りきれます(*^▽^*)

 

途中、ところとどころに見えるの景観も良く、頂上には足を浸せる小川と展望台があります♪♪絶景を見ながらふぅ~っと深呼吸すれば、とっても気持ち良いですよ~~♪♪また、このエリア、他にも絶景スポットが結構あるので、一番のおススメはレンタサイクルツアーです(*^▽^*)

 

ダウンタウンのショップからバンで出発し、絶景スポットを自転車で回ります。

 

🌷おススメツアー:■ Pedal Bike Tours
⏰所要時間:3時間~半日
〇ツアー詳細:Pedal Bike Tours
住所 133 SW 2ND AVENUE PORTLAND
電話 (503) 243-2453
開館時間 9:00am - 6pm

 

 

〇Multnomah Falls

住所 48314 Historic Columbia River Hwy, Corbett,
開館時間 24 時間

 

 

 

No.3 インターナショナルローズテストガーデン/ International Rose Test Garden


don [CC BY 2.0],via Wikimedia Commons

🏠ホームページ:https://www.portlandoregon.gov/parks/finder/index.cfm?action=viewpark&propertyid=1113
⏰所要時間:1時間~2 時間

 

別名「ローズシティ」と呼ばれるほど、バラの街として知られている美しいバラが咲き誇るポートランド✨✨

 

毎年バラの開花のピークでもある6月にはローズフェスティバルが行われており、園内には約560種、1万株以上のバラが咲き誇っています♬♪その中でも見逃せないのが、「ゴールド・メダル・ローズ・ガーデン」✨✨

 

ここには、ポートランド・ローズ組合によって前年度最も優れていると評価された新種のバラが毎年植えられます♬♬香り高く色とりどりのバラに囲まれた小道の中央には、東屋と噴水が設置されていてロマンティックな雰囲気が漂います( *´艸`)結婚式会場としても人気のスポットで、ラッキーだったらドレスに身をまとった新婚さんに出会えるかもしれません♪♪

 

また、隣の「シェークスピア・ガーデン」にはシェイクスピアの作品に縁のある植物とバラが集められているので見に行く価値ありです!また、ガーデンへは無料のシャトルバスがダウンタウン「ワシントンパーク・マックス駅(Washington Park MAX Station)」から出ており、15 分もあれば到着します(*^_^*)

 

午後 1 時から、無料で参加できるガーデンツアーも開催されているので、バラがお好きな方は英語でガイドを受けながら探索してみましょう♪

 

住所 400 SW Kingston Ave, Portland,
電話 503-823-7529
開館時間 :7:30am-9:00pm 年中無休(バラが咲くのは 6 月から 10 月。ピークは夏)
料金 無料

 

 

<ランドマーク・建築物>
No.1 パウエルズ・ブックス/ Powells Books


Cacophony [CC BY 3.0], via Wikimedia Commons

🏠ホームページ:http://www.powells.com/
⏰所要時間:1時間~2時間

 

街を代表するとっても大きな本屋さん!!何と1ブロック丸ごとが敷地で、増改築を重ねて迷路のようになった店内はただ歩いているだけで沢山の本に囲まれて面白いです!(^^)!新刊、古本、雑貨などが所狭しと並んでいるのですが、ユニークなポイントは、新刊も古本も、同じ棚に陳列されています!日本では考えられないですよね~~!

 

アメリカならではの面白いポイント?というより、この本屋さんならではの面白いポイントです♬♪また、店内にはカフェもあるので、本好きなら1日中過ごせますよ(*^_^*)

 

ホン以外にも、文具や雑貨もかなりバリエーション豊かに取り扱いがあるので、お土産探しもできちゃいます✨✨夜遅くまでオープンしているも魅力的ですね~♪ディナーの後に、本に囲まれたカフェで、ゆったりとくつろぎながら飲むコーヒーは格別ですよ♬♪

 

住所 1005 W. Burnside St., Portland
電話 503-228-4651
開館時間 9:00am~11:00pm

 

 

No.2 ユニオンウェイ/ Union Way


Another Believer [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

🏠ホームページ:http://www.powells.com/
⏰所要時間:1時間~2時間

 

2013年にオープンした小さな商業施設「ユニオンウェイ」♪こじんまりとしたおしゃれなビルの中には、ファッション、雑貨、飲食店などポートランドならではのセレクトショップが入っています♬♪

 

その中でも、とくにおススメなのが「QUIN」の手作りキャンディ(*^_^*)それそれのキャンディに素材の味がしっかりしていて濃厚キャンディ✨キャンディ自体は固くないので、口の中で溶けていきます。一度食べ出すとほんとに止まらなくなる QUIN のキャンディはお土産にもよさそうですね~♬

 

住所 1022 W. Burnside St., Portland
電話 503-228-4651
開館時間 9:00am~11:00pm

 

 

No.3 パール地区/PEARL DISTRICT


LikeWhere

🏠ホームページ:https://explorethepearl.com/
⏰所要時間:2時間~3時間

 

パール地区(PearlDistrict)ポートランドに訪れたら外せない観光スポットのひとつ、パール地区。ポートランドらしい街並みが広がるこのエリアは、石畳や赤レンガのレトロな街並みがとってもおしゃれ♪♪

 

ノルスタジックな雰囲気が漂っています♬♪実はこのパール地区、荒廃した倉庫街から都市開発によって魅力的な地区に変化した「都市再開発の成功例」のモデル地区としても有名です(*^^*)約 100 ブロックの地区には、レンガ造りの倉庫の建物にレストランや雑貨屋、カフェ、ブルワリーなどがあり、散歩するだけでも楽しいです♪♪

 

住所 Pearl District Portland,(ユニオン駅から徒歩約10分)
電話 -
開館時間 24 時間

 

3.セントジョンズ橋/St John’s Bridge


Tony Webster

🏠ホームページ:https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g52024-d562020-ReviewsSt_Johns_Bridge-Portland_Oregon.html
⏰所要時間:1時間~2時間

 

ポートランドには沢山の橋が架かっていますが、数ある橋の中でも一番美しいと評判の「セントジョンズ橋」✨✨ペパーミントグリーンの橋がポートランドの自然の中でひと際際立っています♬♪西洋風の洗練されたデザインも橋の上から眺める川や木々の美しさはなかなか日本にはない素敵な光景ですよ(*^_^*)

 

橋は徒歩でも渡れますが、気候が良ければレンタサイクルして渡ってみましょう!きれいな緑が広がる爽
快感は格別です♬♪

 

住所 1022 W. Burnside St., Portland
電話 503-228-4651
開館時間 9:00am~11:00pm

 

 

<マーケット巡り>

地域を大切にするポートランドの象徴である「ファーマーズマーケット」✨✨人々の生活に欠かせない、ポートランドのファーマーズマーケットに足を運んでみましょう(*^_^*)週末になると、街のあちこちでファーマーズマーケットが開催されます♪生産者が消費者とユーモアな会話をしながら、獲れたての新鮮な野菜や果物、スイーツやクラフトビール etc…数多くの美味しいものを販売している光景は、どこか微笑ましくなります♬

 

No.1 ポートランドサタデーマーケット/ Portland Saturday Market

🏠ホームページ:https://www.portlandsaturdaymarket.com/
⏰所要時間:2時間~4時間

 

その名の通り毎週土曜日にスタートし、日曜日まで開催されるこのマーケットの最大の魅力は、全米最大の規模を誇る露店!その数何と140を越えます!!

 

芸術作品、ハンドクラフトのアクセサリーやガラス製品のマーケットとして有名でありながら、ペット用品やアイスクリーム、ジャム、スイーツ、各種フードに至るまで充実しているので、ハンドクラフトの芸術の世界を一度に見て回ることができ、小腹が空いたら露店で美味しいスナックでもつまんで、お腹も心も同時にグンっと満たされます✨✨

 

住所 2 SW Naito Parkway Portland
電話 503-222-6072
開館時間 (土)AM10:00 – PM5:00
(日)AM11:00 – PM4:30

 

 

No.2 PSU ファーマーズマーケット/PSU armer’s market

ポートランド州立大学内で開催される PSU ファーマーズマーケット✨✨規模、内容共にとても充実して
いると評判がとても良いファーマーズマーケットです(#^^#)140軒以上の店が軒を連ねており、旬のオーガニック野菜や果物、加工食品、ベーカリーのスイーツや、リーズナブルな料金で食事を提供するお店もあります。他にはない、ちょっと変わったお土産に遭遇するかもしれませんね(^^)/

 

住所 2 SW Naito Parkway Portland
電話 503-222-6072
開館時間 (土)AM10:00 – PM5:00
(日)AM11:00 – PM4:30

 

NO.3 ポートランドナイトマーケット/ Portland NightMarket

🏠ホームページ:https://www.pdxnm.com/

 

月に2回(金・土)開催されるナイトマーケットは何と、インダストリアルエリアと呼ばれる、倉庫街の一つの大きな倉庫の中で開催されています(#^^#)

 

シャッターにPortlandNightMarketの文字が派手に描かれているので、「あ!これだー!」とお宝さがし気分で中に進みます♪♪屋外と屋内エリアに分かれており、屋外は主にフード&バーを楽しみ、屋内はクリエイターの芸術作品が売られています♪

 

甘くておいしそうなペストリー屋さんから、野菜たっぷりピザまで盛りだくさん(*´艸`)屋内にはポートランドを拠点に活動する、様々な業種のクリエイターが大集結!!その数、なんと 175 店舗以上!!!

 

ファッション、ジュエリー、キャンドル、アート、アクセサリー、雑貨、アメリカならではの斬新なアイデアの商品、グルメフード、お酒etc….お店と商品が多くて,見ていると、あっという間に時間が過ぎていきます♪

 

住所 100 SE Alder St, Portland
電話 -
開館時間 (土)PM4:00 – PM11:00
(日)PM4:00 – PM11:00

 

 

ポートランドには5つの地区がありますが、各地域で独自のポートランド・ファーマーズ・マーケットを開催しています♪

 

ノースウエスト地区:木曜(6-9 月)
ノース・ポートランドのケントン・ネイバーフッド:金曜(6-9 月)、ノース
イーストのキング・ネイバーフッド:日曜(5-9 月)
サウスイーストのバックマン・ネイバーフッド:木曜(5-9月)

 

どのエリアのマーケットもライブ演奏があり、ポートランドならではのローカルグッズや季節の野菜がたくさん揃っています♪

 

 

 

🌟おすすめの食事🌟

ローカル気分をどっぷり味わえるフードカート/FOOD CARD

ポートランドには 600 軒以上のフードカートがあると言われるほど、ローカルの人々は気軽に美味しい
ものが食べられるフードカートが大好きです(*^_^*)

 

その種類と味のバラエティは、数えきれないほどです!!移動式フード・トラックとは異なり、ポートランドのカートは「ポッド」と呼ばれる専用の場所に集まっているので、ポッドに立ち寄れば複数のカートから好きな食べ物を選んで持ち寄って食べられるんです♬♪市内の人気のあるポッドを紹介します!!

 

〇サウスウエスト・アルダー通り/ SW Alder ST.

ポートランド最大のポッド!!ダウンタウンのアルダー・ポッドAlderpod。フライング・スコッツマンFryingScotsmanでは注文後に揚げる英国の伝統的フィッシュ・アンド・チップス、ホール・ボウルWholeBowlではガーリックソースが美味しいベジボウル、ノンズ・カオ・マン・ガイNong’s KhaoManGaiのニンニク・ショウガ風味のチキンライスは、テレビでも取り上げられた大人気フード♪♪

 

また、ビン・ミー!Bing Mi!のジャンビン(中華風クレープ)は、今やポートランダーの定番ランチとな
ったほど、絶大な人気です!!

 

 

〇フィフス・アベニュー/Fifth Avenue

アジアのフュージョン料理も美味しく味わえるフィフスアベニューのフードポット(*^_^*)コリアン・ツイストKoreanTwistの韓国風タコスやアジア風ライスボウル、テイバー・チェコ・フード Tábor Czech
Foodのチェコ風カツサンド「オリジナル・シュニッチェルウィッチ」などが、ダウンタウンでのランチにぴったりです♬♪タイ・インド料理もとてもリーズナブルで本当に美味しいと評判です♪♪

 

 

〇サード・アベニュー Third Avenue

Third Avenue ポッドはビーガンやベジタリアンのバーガーやサンドイッチで知られる DC ベジタリアン
DC Vegetarian があり、美味しい~~と絶大な人気があります!!ここで買ったランチを持って、近く
にあるウォーターフロント・パークで即席ピクニックも素敵ですよ♪♪

 

 

🍀ポートランドの年間イベント情報🍀(以下、ポートランド観光案内書サイトから引用)

🌻1月🌻
• チョコレート・フェスト Chocolate Fest
米国北西部のチョコレートメーカーが出展。試食購入できる。オレゴンコンベンションセンターが会場。

 

• ローラーダービー・シーズン開幕 Rose City Rollers Roller Derby
ローラーダービー女子チームRoseCityRollersがサウスイーストのOaksParkにあるローラースケート・リンクを会場に全米からのチームと対戦。シーズンは6月まで。

 

🌻2月🌻
• ワーストデイ・オブ・ザ・イヤー・ライド Worst Day of the Year Ride
一年で一番天気が最悪の日の自転車ライド。仮装コンテストあり。毎年 3 千人以上が参加。

 

• チャイニーズ・ニューイヤー Chinese New Year Celebration
オレゴンには中国系住民が4万人近く在住。旧正月前後には複数のイベントが開催される。ポートランドのランスー・チャイニーズガーデンLanSuChineseGardenでは2週間にわたり、獅子舞やドラゴン・ダンス、音楽や中国武道のパフォーマンス、などの多彩な催しがひらかれる。また、三夜にわたって300以上の提灯や灯篭が灯される。オレゴン・コンベンションセンターではチャイニーズ・ニューイヤー・カルチャーフェアも開催。

 

• PDX ジャズフェスティバル PDX Jazz Festival
市内各所で有名アーティストによるコンサートやセミナーなどが開催される。1940年代から50年代には「ジャンプタウン」と呼ばれた地区を中心にポートランドのジャズシーンは盛り上がりを見せていた。都市開発によってジャンプタウンは消滅したが、ジャズの伝説的ミュージシャン達は生き続け、2011年のグラミー新人賞に輝いたエスペランザ・スポルディングをはじめとする新人を育てている。

 

 

🌻3月🌻
• ポートランド・ダイニング・マンス Portland Dining Month
レストランでの食事がお得な月間。お財布に敏感な食通がポートランドを訪れるのに最適な時期。期間中の毎日、参加レストランでの3コースの食事が29ドルとなる。2017 年は 120軒以上のレストランが参加。

 

• ティンバース メジャーリーグサッカー・シーズン開幕 Timbers MLS Soccer
ダウンタウンのJeld-WenFieldが本拠のポートランド・ティンバース。熱心はファンは「ティンバース・アーミー」と呼ばれ、シーズン中は応援で盛り上がる。

 

• ウッデンシュー・チューリップフェスティバル Wooden Shoe Tulip Festival
ポートランドの近郊、40 エーカーの農場一面に満開のチューリップと水仙が広がる。週末にはポニー乗馬やワイン・テイスティングなどのイベントも。

 

🌻4月🌻
• スプリング・ビール&ワイン・フェスト Spring Beer & Wine Fest
小規模ブルワリーのビールや地元産のワイン、スピリッツを祝う大人向けのフェスティバル。米国北西部のブルワリーやワイナリー、蒸留所が出展。オレゴン・コンベンションセンターが会場。

 

 

🌻5月🌻
• ラスト・サーズデイ Last Thursday on Alberta
2015年5月28日他毎月最終木曜日毎月最終木曜日にノースイースト地区のアルバータ通りで催されるストリートフェア。5月から9月は歩行者天国になる。

 

• サンデー・パークウェイズ Sunday Parkways
5 月から 9 月の日曜日に市内各地区の特定コースが自動車通行止めになり歩行者と自転車のみに開放される。

 

🌻6月🌻
• ポートランド・ローズフェスティバル Portland Rose Festival
100年以上の歴史のあるフェスティバル。「バラの町(CityofRoses)」として有名なポートランドで3週間にわたって関連イベントが開催される。メインイベントはグランド・フローラル・パレード、スターライト・パレード、ウォーター・フロント・パークの仮設遊園地、ドラゴンボート・レース、コンサート、花火大会など。

 

• ペダル・パルーザ Pedal Palooza
6月の3週間、300近くの自転車関連イベントが開催される。ほとんどが自転車好きの個人がオーガナイズしており、特定のテーマを持ったライドなど、ほとんどが無料で参加できる。

 

• ポートランド・プライドフェスティバルとパレード Portland Pride Festival and Parade
40年以上つづく、ゲイ、レズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダー(LGBT)・コミュニティのフェスティバル。トム・マッコール・ウォーターフロント・パークが会場。プライド・パレードのほかに、コンサート、ファミリー向けのラン&ウォーク、ペットのパレードなども。

 

• ノースウエスト室内楽フェスティバル Chamber Music Northwest
毎年恒例の5週間にわたる室内楽コンサートシリーズ。観衆の多くがコンサート前のピクニックを楽しみにしている。1971年の開始以来、全米でも有数の室内楽フェスティバルに成長した。

 

• ワールドネイキッド・バイクライド World Naked Bike Ride
自動車中心社会に疑問を呈して、裸で自転車に乗って夜間街中を走るワールドネイキッド・ライド。世界中で開催されているが、一番大きいのがポートランドのライド。2014 年には一万人以上が参加。Bare As You Dare「好みの裸度」で参加できる。

 

🌻7月🌻
⚫ ウォーターフロント・ブルース・フェスティバル Waterfront Blues Festival
米国西部で最大のブルースフェスティバル。毎年7月4日の独立記念前後に開催される。2012年には25周年を迎えた。トム・マッコール・ウォーターフロントパークが会場、5日間にわたって125のパフォーマンス。トップ・ミュージシャンが登場する。独立記念日には花火が打ち上げられる。

 

⚫ ポートランド・ジン・シンポジウム Portland Zine Symposium
ポートランドのDIYカルチャーを象徴するZineに関するシンポジウム。2日間にわたってワークショップやパネル・ディスカッション、Zine販売、トレードなど。

 

⚫ オレゴン・ブルワーズ・フェスティバル Oregon Brewers Festival
全米でも古くから開催され人気のあるクラフトビール祭り。全米からクラフトビールの作り手が集まり、5日間に渡って開催される。80以上のビールを楽しみに8万人以上のビールファンが会場のトム・マッコール・ウォーターフロントパークに集まる。毎年7月最終末に開催。

 

⚫ 国際ピノ・ノワール・セレブレーション International Pinot Noir Celebration
オレゴンワインの一大産地ウィラメット・バレーのマクミンビルの町に世界中からピノ・ノワールワイン・メーカーが60以上も参加。3日間にわたってセミナー、テイスティング、ワイナリーツアー、ピノ・ノワールとのペアリング・ディナーが開催される。参加者数限定のため、ワインの作り手と一対一で対話する機会が多い。ポートランドから 45 分。

 

⚫ PDXポップナウ!PDX Pop Now!
2日間にわたり、50の地元インディーバンドが登場する。非営利団体が運営し、多くのボランティアによって支えられている。コンピレーションCDも発売。

 

⚫ ザ・ビッグ・フロート The Big Float
「ウィラメット川を遊び場に」を合言葉に 2500 人が浮き輪やフローターで川を行進。事前登録が必要。

 

⚫ トップダウン ルーフトップ・シネマ Top-Down Rooftop Cinema
7月下旬から8月下旬。夏の毎週木曜日の夕、6週間にわたってホテル・デラックス駐車場の屋上で開かれる野外上映会。ローカルバンドが出演、ビールやバーベキューもあり。

 

⚫ フリックス・オンザ・ブリックス Flicks on the Bricks
7月中旬から8月中旬の金曜日。パイオニア・コートハウス・スクエアにて大きな屋外用スクリーンで映画を上映。無料。

 

⚫ ピッカソン Pickathon
ポートランド近郊の農場での野外音楽フェス。インディー、フォークからパンクまで。

 

 

🌻8月🌻
⚫ ブリッジ・ペダル Bridge Pedal
市内にある10本の橋が車両通行制限され自転車専用道になる。橋の上からは普段は見られない視点からの風景が望める。コースの長さは23キロから58キロまで、好みに合わせて選べる。

 

⚫ 北米オーガニック・ブルワーズフェスティバル North American Organic Brewers Festival
2003年より開催のオーガニックビール祭り。60 のクラフトビールが登場。ダウンタウンを見晴らすオーバールック公園が会場。

 

⚫ PDXアダルト・ソープボックス・ダービー PDX Adult Soapbox Derby
ソープボックス・ダービーとは、エンジン無しの手作り自動車で坂道を下るカーレースのこと。通常は子どもが運転手になるが、ポートランド版は大人が童心に帰って楽しむレース。マウント・テイバー公園の坂道を下る。奇抜なデザインの手作り自動車やレースチームの仮装が楽しい。

 

⚫ ミュージックフェスト NW プレゼンツ プロジェクト・パブスト MusicfestNW presents Project
Pabst
2日間にわたる野外ロックフェス。ローカルバンドはもとより全米レベルのミュージシャンが集まる。ウォーターフロント・パークが会場。21歳以上のみ入場可。

 

⚫ フッド・トゥ・コースト・リレー Hood to Coast Relay
マウント・フッドからオレゴン・コーストまでの 200 マイル(321 キロメートル)をリレー形式で走る世
界最長のマラソン・リレーレース。昼夜を通して走り、ゴール地点のシーサイドの町では西海岸で最大のビーチパーティが開催される。毎年 1万2千人が参加。

 

 

🌻9月🌻
⚫ タイムベースト・アートフェスティバル Time-Based Art (TBA) Festival
ポートランド現代美術協会PortlandInstituteforContemporaryArt主催の芸術フェスティバル。世界中からパフォーミングアートとビジュアルアートのアーティストが参加。2012年には10周年を迎えた。

 

⚫ フィースト・ポートランド Feast Portland
2012年より毎年開催されている全米が注目する第一級のフードフェスティバル。クラスやテイスティング、パネル・ディスカッション、パーティー、ガラ・イベントなど。地元の料理人やオレゴン産の食材にハイライトをあてるとともに、国際的に著名なシェフ達も招致する。

 

⚫ オレゴン交響楽団 Oregon Symphony
ポートランドで最も歴史のある交響楽団。SchnitzerConcertHallを本拠とし、クラシックからポップまで様々な演目。9月から5月がシーズン。

 

⚫ ポートランド・オペラ Portland Opera
全米トップ 10 に入るオペラ団。親しみやすい雰囲気と演目で人気。9 月~4 月がシーズン。

 

 

🌻10月🌻
⚫ ポートランド・ファッションウィーク Portland Fashion Week
世界で初めて「サステナブル」をテーマにしたファッションウィーク。ポートランドの新進デザイナーが中心。会場はパイオニア・コートハウス・スクエア。

 

⚫ ハンドメイド・バイク&ビール・フェスティバル Handmade Bike & Beer Festival
オレゴン・ハンドメイドバイク・ショーとオクトーバーフェストが Hopworks Urban Brewery で同時開催。

 

⚫ ポートランド・マラソン Portland Marathon
1972年から続く全米でも有数のマラソン大会。マラソン初心者にも向いており、フレンドリーな大会として知られている。コース沿道には何万人もの観客が集まり、世界中からランナーが参加する。コース沿いのライブ・エンターテイメントの数はほかのマラソン大会には類をみない数。

 

⚫ ポートランド・トレイルブレイザーズ NBAシーズン開幕 Portland Trail Blazers Basketball
1977年にはNBAチャンピオンに輝いたポートランド・トレイルブレイザーズの本拠地はポートランドのモダ・センター。10月から4月のシーズン中は、ゲーム会場ばかりでなく、近くのスポーツバーSpirit of ’77 でも地元ファンが熱心に観戦に興じる。10 月~4 月がシーズン。

 

⚫ ポートランド・オープンスタジオ Portland Open Studios
10月の週末にポートランドで活動するアーティストのスタジオや工房が一般公開される。見学にはオープンスタジオのツアーガイドブック(チケット付)の購入が必要。

 

⚫ ポートランド発酵食品フェスティバル Portland Fermentation Festival
ザワークラウト、ピクルス、塩漬、納豆、ケファー、等々ありとあらゆる発酵食品のつくり手が集合。試食販売のほかにトークショーなど。

 

 

🌻11月🌻
⚫ ワインカントリー・サンクスギビング Wine Country Thanksgiving
ポートランドの郊外、ウィラメットヴァレーの160ワイナリーが参加。普段一般公開していない小規模ワイナリーもオープンし、ワイン・テイスティングや限定生産のワインが購入できる。

 

⚫ ホリデーツリー点灯式 Holiday Tree Lighting
毎年、感謝祭の翌日にパイオニア・スクエアに設置された巨大ツリーが点灯され、ホリデーシーズンの始まりを告げる。

 

⚫ リトルボックス Little Boxes
感謝祭の週末の 2 日間、クリスマスのギフトシーズンを前にローカルショップが共同でショッピングのプロモーションを行う。

 

⚫ ズーライト Zoo Light
感謝祭の後から年明けまでオレゴン動物園がイルミネーションで飾られる。電飾ミニ列車も人気。

 

 

🌻12月🌻
⚫ ホリデーエールフェスティバル Holiday Ale Festival
パイオニアコートハウス・スクエアで開催される冬のビール祭り。クリスマスツリーの下に暖房付巨大テントが張られ、40以上のブルワリーが冬季限定ビールを提供。

 

⚫ クラフティ・ワンダーランド スーパーコロッサル・ホリデーセール Crafty Wonderland Super
Colossal Holiday Sale
ダウンタウンに店舗を持つ、ハンドメイドクラフト店「クラフティ・ワンダーランド」が年に2回開催す
る大規模クラフトショー。オレゴンコンベンション・センターで開催される。クリスマスプレゼント探し
にぴったり。

 

⚫ ポートランド・バザール Portland Bazarr
雑貨、ヴィンテージ、アパレル、アクセサリーなどのメイド・イン・ポートランドのブランドが大集合。

 

⚫ ピーコックレーン Peacock Lane
サウスイーストの住宅街の一画で 1920 年代から続く伝統。普通の住宅がイルミネーションで飾られ、見物客でにぎわう。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

文化や食の発信地でもあり、都会と自然との距離も近いポートランド。落ち着いた心休まるスローライフが実現できる街として、世界中から注目されています♬

 

「KeepPortlandWeird」街のスローガンにもなっている、このキャッチコピーは「ポートランドをへんてこにしていこう」という意味なのですが・・・面白いですね!街のスローガンもどこか変わっていてとってユーモアに溢れています♪♪

 

作れるものは何でも自分たちで作ろうというDIY精神を大切にし、どこかアート&クリエイティブで活気ある雰囲気が街中に感じられるポートランド♪♪自分たちのやりたいことを貫いで日々の生活を楽しむローカルの人々の姿が感じられるスローガンです!

 

そんな人々の暮らしに旅をしながら少し触れるだけでも、何か素敵なオーラが感じられそうです(#^^#)

 

今回のポートランドへの旅行が心から「あ~来てよかった♪また来たいな~!」と思える滞在になりますように・・・✨✨

 

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです🍀
最後まで読んで頂き、ありがとうございました(*^_^*)

 

Cafeholicでした!


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る