コスタリカの自然【おすすめ7つの自然保護区と国立公園】

北米大陸と南米大陸の中間に位置する自然の宝庫「コスタリカ」✨

 

豊かな自然と平和を愛し、地球幸福度数1位を3回獲得している、幸せな国・・・✨✨

 

国のほとんどが緑に覆われ、その広大な自然は国の法律で守られているという自然愛国心がどの国よりも強い国♬

 

経済的には、決して豊かとはいえない国・コスタリカですが、そこには政府主導の環境政策と平和を愛する国民性、豊かな自然と共存できる幸せに満ちた人々の暮らしがあります(*^-^*)

 

太平洋とカリブ海に挟まれた、日本の 1/7 しかない小さな国ですが、その国土の1/4 が国立公園・自然保護区で構成されていて全動植物種の5%が生息し、鳥蝶類・ランなどに至っては、なんと10%が生息しており、その豊かな自然と野生動植物の多さで注目されています (*^-^*)

 

自然は熱帯雨林のジャングルから熱帯雲霧林、熱帯乾燥林、活火山、カリブ海、太平洋と凝縮され、劇的に変化する植生が楽しめます!!

 

そんな豊な大自然を満喫しようと、自然を利用したエコツーリズムが世界中の人々から人気を集めています✨✨

 

今回はそんな自然の恩恵が沢山詰まった、大自然王国「コスタリカ」の魅力とおススメスポットを海・山・川・森に分けて紹介していきます♬ お役に立てれば幸いです♪

 

コスタリカ基本情報

国名  コスタリカ共和国
時差  日本より-15 時間。(サマータイム実施なし)
言語 スペイン語・英語(主にスペイン語)
気候

12~4 月の乾季は天気がよくおススメです!海の透明度も抜群に高いです♬
5~11 月は雨季ですが、魚影が濃くダイビングなどには多くの魚がみられるので最高の時期です(^^)/

通貨 コスタリカコロン(CRC)が主流ですが、アメリカドルが使用できるお店も沢山あります
チップ 習慣あり。アメリカと同じ感覚でOKです 。
電圧 110V、60 ㎐(電圧が安定していないので注意が必要!)
コンセント  A タイプ(日本と同じ)

 

 

コスタリカ旅行ベストシーズン

中南米に位置するコスタリカは一年を通じて気温がほぼ同じの常夏エリアです!

 

最高気温は 28〜30℃、最低気温は 18〜19℃ほどなので日本の夏より過ごしやすく、朝晩は気温が下がるので寝苦しさを感じることもないでしょう。なので、年中がベストシーズンなのです♬

 

ただし、雨季(5〜11 月)の間は雨期ですので、少し注意が必要ですが、日本の梅雨のように 1 日中降り続くことは少なく、午後にスコールのような激しい雨が降り、短時間で止むことが多いです。

 

持っていくと便利なもの

・変圧器 
電圧が安定していないコスタリカでは必要です・・!
・虫よけスプレー
温暖なコスタリカ・・蚊が結構いるのであれば便利です!
・ムヒ
蚊に噛まれたら日本の蚊より強力なので、ムヒがないとかゆみとの長い闘いが始まります(‘_’)
・日焼け止め
やはり日本製の日焼け止め、クオリティが高いですよ~!
・現金でアメリカドル
フェリー代や出国税、ビーチにあるビーチレストラン等は、現金のみの所がほとんど。現金があると便利です。
・カッパ/折りたたみ傘
スコールのような雨が1~3時間ほど降ることもあるので、あれば便利です。

 

 

 

コスタリカの自然【おすすめ7つの自然保護区と国立公園】

✨✨海に恵まれた自然✨✨

1.ココ島国立公園/Cocos Island National Park


photo:Stéphane Enten

世界で TOP10 に入るダイビングスポットにも選ばれたココ島✨

 

コスタリカ本土の沿岸から約 550km離れた沖合いの国立公園として指定されているココ島は熱帯雨林に覆われた島♪ユネスコの世界自然遺産にも登録されています。

 

野生の生物や埋葬された宝物に囲まれている宝島です♬

 

陸地は断崖絶壁に囲まれていて、その美しい姿は「王冠のジュエル」と称されているのだとか・・・✨

 

陸地の熱帯雨林には沢山の様々な動植物が生息しています。映画「ジュラシックパーク」に登場する島のモデルとしても実は有名なのですよ~(*^-^*)

 

また、スティーブンソンの小説「宝島」の舞台としても知られています✨

 

そんなココ島の海には豊富な栄養が集まっていて、たくさんの魚たちが集まります!

 

ネムリブカ、ハンマーヘッドの群れ、イルカ、マンタ、マーブルレイ、ウツボ、バショウカジキなどは常時見ることができ、マグロの大群やシルキーシャーク、クロトガリザメ、ツマジロ、カジキ、深海魚、アオウミガメ、タコなど、ココ島でのダイビングで出会える生物の多さは世界中のダイバーを魅了しています(*^_^*)

 

さらにラッキーだと、野生のジンベイザメにも遭遇できるかもしれませんよ~( *´艸`)

 

ダイビング好きの方はもちろん、ダイビングの経験がない方もココ島での海の貴重な体験は一生の思い出になることでしょう♪

 

ココ島でのダイビングは、ツアーでの参加が一般的なので、事前予約をしっかりしてから行くことをおススメします✨
ベストシーズンは雨期の5~10月です!

 

都市 ココ島
アクセス サンホセ港からクルーズ船で移動。所要時間は約30~35時間
体験できるアクティビティ 遊泳、ダイビング
観光目安時間 3時間~半日程度

 

 

2.マヌエルアントニオ国立公園/ManuelAntonio National Park

コスタリカでもっとも人気のビーチリゾートの一つである「マヌエルアントニオ国立公園」♬

 

シンプルにビーチを楽しむことができる、極上のリゾートです(*^-^*)

 

海沿いに国立公園があり、国立公園内にきれいなビーチがあります。モンテベルデとは全く違う雰囲気で、首都サンホセからも近くてビーチリゾートを楽しみながら公園散策で猿やナマケモノが肉眼で見られる面白い公園です!(^^)!

 

特にナマケモノに会える確率が高いので、愛らしいナマケモノに会ってみたいという方は MUST VISITです!!

 

マヌエルアントニオ国立公園の魅力は、海やビーチだけではなく、ゴミがひとつも落ちていないことにもあります!(^^)!

 

園内では喫煙禁止、飲食不可、更に、飲食やタバコの持ち込みでさえも一切禁止されています✨

 

公園に持ち込むことができるのは水のみという厳しさ・・・また、ビーチにはシャワーもありますが、こちらも環境に配慮し、シャンプーや石鹸等の使用はできません。
これもすべては国立公園の自然と生息している野生動物・植物のためを想ってのことなのだと思うと、感慨深いものがありますね♡

 

都市 マヌエルアントニオ
アクセス

サンホセから車で約3時間。
サンホセからマヌエルアントニオへの直通バスはあるが、
大抵は 7km手前のケポス(QUEPOS)で下車します。
ケポス-マヌエルアントニオ間は、
毎 30 分でローカルバスが運行しています。

体験できる アクティビティ トレッキング、ウォーキング、遊泳
観光目安時間 3時間~半日程度

 

 

山に恵まれた自然

1.ラ・アミスター自然保護区/ラ・アミスター国立公園/Talamanca Range-La Amistad Reserves /La Amistad National Park


Marc Patry / CC BY-SA 3.0-IGO

コスタリカとパナマにまたがる世界遺産「ラ・アミスター保護区群/ラ・アミスター国立公園」♬

 

保護区内にあるタラマンカ山脈は、コスタリカとパナマの国境に位置する世界遺産に登録されている 3,000メートル級の山々が連なる山脈です。

 

大自然を満喫できるタラマンカ山脈では、たくさんの木々や花々、透き通った川やマイナスイオンがたっぷり出ている迫力ある滝など山ならではの魅力が沢山詰まっています✨✨

 

また、高低差のある地形と気候が多様な生態系を生み出しており、緑と赤が際立つ美しさの伝説の鳥「ケツァール」や光沢のある青色の翅が美しい「モルフォ蝶」、あの珍しい哺
乳類の「ピューマ」や「ジャガー」といった動物も多く生息している動植物の宝庫です✨✨

 

コスタリカで登山にチャレンジしたい方、また、山でしか体験できない感動を味わいたい方には一押しのスポットです(^^)/

 

都市 サン・ビト
アクセス

サンホセから車で約5時間。
サンホセからバスを利用してサンヘラルド村まで移動します。サンヘ
ラルド村からサン・ビトまで再びバスを利用。サン・ビトからラ・アミスタ
ー国立公園へは 4WD のタクシーでもアクセスすることが可能です。

体験できるアクティビティ トレッキング、登山
観光目安時間 登山コースによって様々です。 3時間~半日、1~2日が目安です。

 

2.アレナル火山国立公園/ Volcano Arenal National Park


marianne muegenburg cothern

コスタリカのシンボル「アレナル火山」!

 

アレナル湖の雄大な絶景をはじめ、火山の周りを取り囲む溶岩の道をハイキングでき、とても神秘的な光景を楽しめるスポットです✨

 

火山の麓の原生林や固まった溶岩の上を歩くトレッキングやニカラグア国境近くの川をボートで移動し水鳥を観察するカーニョ・ネグロ野生保護区ツアー、乗馬ツアー、釣り、キャノピーなどが人気です♬♪

 

またスリル満点のつり橋も是非、訪れてみてください( *´艸`)

 

アレナル火山の 1968 年の大噴火によってできた「タバコン温泉」✨✨

 

アレナル火山の麓に位置し、ジャングルに流れる天然の川がそのまま温泉になっているという驚きのスポットです。川なのですが、ちょうどいい湯加減で、本当に温泉に入っているようで、とてもリラックスできます(*^-^*)

 

このあたりは高級リゾートスパとして世界的にも有名で、多くの人々が訪れています。数あるコスタリカの温泉の中でもイチ押しの観光スポットですよ~!!

 

都市 フォルトゥーナ
アクセス

サンホセから車で約2~3時間。
サンホセからバスを利用してサンヘラルド村まで移動します。
サンヘラルド村からサン・ビトまで再びバスを利用。
サン・ビトからラ・アミスター国立公園へは
4WD のタクシーでもアクセスすることが可能です。

体験できるアクティビティ トレッキング、 ボートツアー、乗馬ツアー、釣り、キャノピー、温泉
観光目安時間  登山コースによって様々です。 3時間~半日、1~2日が目安です。

 

 

川が魅力的な自然

1.トルトゥゲーロ国立公園/ TortugueroNational Park


KTWL / CC BY-SA

コスタリカでのエコツーリズムといえば、代表格の「トルトゥゲーロ」!

 

川と海に囲まれた移動手段はボートのみの密林秘境ジャングルです(別名:✨✨サルや野鳥の鳴き声にジャングル独特の湿気に・・・全てが、日本では経験できない異世界で、まるで映画のジュラシックワールドや、ターザンの世界にいる気分になれますよ~(#^^#)

 

公園内には、水鳥、ワニ、サル、ナマケモノ、トゥカン、ジャガーなど、たくさんの野生動物が生息しています✨

 

公園内では、川を下るボートでのジャングル体験がメインなのですが、もう一つの醍醐味として、カリブ海側に行くと、野生のウミガメが肉眼で見られます✨✨

 

トルトゥゲーロというのはスペイン語で「カメのいる場所」という意味なのだそう♬

 

ラッキーだと、ウミガメの産卵を目の前で見ることができるので、こんな経験はここでしかできない貴重な経験になりますよ~~(*^▽^*)

 

公園内では、定番のボートツアーの他、ウミガメツアー、バードウォッチング、フィッシング、ウォーキングツアー、ナイトウォークツアーなど多様なアクティビティが準備されています。おすすめシーズンはウミガメの産卵期ピークの 7 月~9 月です。

 

都市 トルトゥゲーロ
アクセス

サンホセから車で約5時間+ボートで約1時間
サンホセから直行バスを利用、ボートに乗り継ぎ目的地へ。

体験できるアクティビティ トレッキング、 ボートツアー、ウミガメ産卵ウォッチング
観光目安時間 3時間~1日

 

 

森に溢れる自然

1.モンテベルデ自然保護区/ MonteverdeCloud Forest Biological Preserve


Haakon S. Krohn / CC BY-SA

世界の自然愛好家が訪れる場所、モンテベルデ✨

 

この保護区は、何より世界一美しいと称される幻の鳥「ケツァール(カザリキヌバネドリ)」が生息していることで有名です✨✨

 

なんと、この「ケツァール」は手塚治虫氏の映画「火の鳥」のモデルになった鳥なんですよ~~(^^)

 

その他にも、ヒゲドリやハチドリなど400種類以上の多くの珍しい鳥類が生息するバードウォッチャー憧れの地です✨✨

 

また、モンテベルデ自然保護区は「熱帯雲霧林」と呼ばれる世界でも非常に稀な、緯度、標高、湿度の条件が上手く折り合うことで、年中霧が非常に発生しやすい森です。そのため、乾季であってもいつでも多湿で、豊かな緑に覆われているのです(*^-^*)

 

モンテベルデでは、自然散策や野生生物観察の他にも、キャノピー(ジップライン)や吊り橋などのアクティビティも大人気なので、様々なシチュエーションで豊かな自然を満喫してください~!

 

ちなみにケツァールがよく見られるベストシーズンは 11 月~5 月です♬

 

都市 モンテベルデ
アクセス

サンホセから車で約5時間
サンホセからサンタ・エレナまで直行バスを利用し、サンタ・エレナで
一時下車。 サンタ・エレナからモンテベルデ自然保護区行きのバス
を乗り継ぎ、モンテベルデ自然保護区へ。

体験できるアクティビティ トレッキング、 ボートツアー、ウミガメ産卵ウォッチング
観光目安時間 3時間~1日

 

 

2.コルコバード国立公園/Corcovado NationalPark(海に囲まれた森)

「中米の楽園・コスタリカ」に数ある国立公園の中でも、最後の秘境と呼ばれる「コルコバード国立公園」✨

 

太平洋と手つかずの熱帯雨林の両方を楽しむことができることで有名です♬

 

コスタリカの中でも屈指の野生動物観察スポットとして知られています。

 

コスタリカに生息する 4 種類のサルをはじめ、ナマケモノ、アリクイ、ペッカリー、バク、ワニ、モルフォ蝶、そして希少種のコンゴウインコなど、数多くの野生動物に出会えます✨

 

太平洋に大きく黄金色に沈みゆくサンセットを見ていると、本当にどこかの絶景無人島にいるかのような錯覚が起こります♪

 

また、1泊する場合は、コルコバードからフェリーに乗って約1時間でいける絶景の島「カニョ島」にも足を運んでみてください♪

 

イルカやクジラウォッチングができることも・・・✨✨

 

6-10月および2-3月、特に8月と9月はクジラとの遭遇率が高い時期なので、クジラを見てみたい方は是非ベストシーズンに合わせて行ってみましょう( *´艸`)

 

都市 シエルベ
アクセス

サンホセから小型飛行機で約45~50分。
陸路は複雑なため、おススメしません。
旅行会社での専用車の手配も可能ですが、意外と高いので
単独旅行の場合は、飛行機がおススメです!

体験できるアクティビティ

トレッキング、 イルカウォッチング、ホエールウォッチング、
シュノーケリング、カヤック

観光目安時間 3時間~1日

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

日本からは遠く離れた、大自然の宝庫「コスタリカ」✨

 

自然を守り、自然をこよなく愛するコスタリカの人々と、そんな守られた自然の中でのびのびと暮らす生き物たち・・・✨✨

 

日本の国土の 1/4 しかない小さな島国ですが、そこに広がっている自然は日本の何倍も、何十倍も偉大で、ただただ美しいのです(*^-^*)

 

海・山・川・森✨ それぞれに異なる魅力があり、異なる見どころを楽しめるのもコスタリカの大自然の醍醐味ですね!

 

今や世界中から年間約210万人を超える観光客がその美しい自然を求めて訪れるようになった自然観光大国ですが、どれだけ沢山の人々が訪れても、コスタリカの人々はそこにある自然のことをとても大切にし、芯から大自然と共存できていると言えます✨✨

 

そういった姿も、また私たちにとってとても大きな刺激になり、自然を観光する中で学ぶこともきっと多いと思います(#^^#)

 

そんなコスタリカでは、自然はもちろん、是非その自然を愛するおおらかなコスタリカの人々とも交流してみましょう♪

 

コスタリカは「プラ・ビダ!(PURA VIDA!)がポピュラーなこんにちは!になるのだそうです。(ちなみにスペイン語圏ではオラ!(HOLA)なのですが・・コスタリカは少々独特ですね!) 笑顔で挨拶すると、きっとお互いの距離も縮まります(#^^#)

 

せっかくのコスタリカ、様々な角度から魅力を発掘しましょう(*^▽^*)

 

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです
最後まで読んで頂き、ありがとうございました(*^_^*)

 

Cafeholicでした!